読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハンサムな彼女 (3) (りぼんマスコットコミックス)

ハンサムな彼女 (3) (りぼんマスコットコミックス)

ハンサムな彼女 (3) (りぼんマスコットコミックス)

作家
吉住渉
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088535142
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハンサムな彼女 (3) (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月島雫

どっちつかずの一哉。どちらを選ぶわけでもないけど、そういう態度は女の子をとっても傷つけます。未央が取った行動は共感できるものじゃないけど気持ちもわかる・・・。やっぱり辛いときは誰か側に居てほしいもの。

2014/05/18

Aquarius

展開が早過ぎて、もう言っちゃうのー!!って思うってしまうのは今の少女コミックの弊害か?(笑)ハワイでの場面ちょっと良かった!会いたいと思って現れる王子さま(〃▽〃)そりゃ溢れるわな~雨も降ってくるさ!!絶対に無いって思える展開を読ませてくれるから夢がある。言葉悪いけど収がピエロというか、なんとなくは報われないんだろうけれども!玉響の時でも好きな人が自分に振り向いてくれるならその時間って一切振り向いてくれないことよりも全然良いと思える私は女々しいのかしら(ノ∀`)何気に国良にツボりました(笑)

2015/04/19

あーさん★最近睡眠時間が3時間ですよ(¯―¯٥)

再読。弟よいつの間に・・・

2017/10/09

tomo

怒涛の展開よね(^^;;ウォークマンと時代を感じるんだけど(笑)彩と未央が一哉に告白したけど、2人とも振られるし。ここぞって時にクールになりきれない一哉も好きだけどね。収と付き合うことにした未央。この展開は今でもキライなんだよね。収は本気だったみたいだけど、こどもながらに見えなかったな(^^;;一哉が未央に送る視線は好きっぽいんだけどね。

2013/12/03

メドじゅん

収は良いヤツだなぁ。大阪にいた頃何があったのかは少し気になりますが……。過去には、自分はもてるし女性に不自由しないとも言っていたような気がします。そのおかげか、女性の扱いにも慣れているような感じ。シャイな一哉とは正反対なのかも。でも結果的には未央とはうまく行かないのかなぁと思いながら読んでいるのは……結構辛いです。

2018/11/18

感想・レビューをもっと見る