読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 完全版 17 (ジャンプ・コミックスデラックス)

SLAM DUNK 完全版 17 (ジャンプ・コミックスデラックス)

SLAM DUNK 完全版 17 (ジャンプ・コミックスデラックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2001-11-19
ISBN
9784088592060
amazonで購入する

SLAM DUNK 完全版 17 (ジャンプ・コミックスデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

14番目の月

安西先生の指導者としての信念に心打たれる。流川といい花道といい、それぞれの真剣な姿がかっこいい。追試の勉強中ミッチーが、家に電話をして勉強していることを必死に説明している場面がほんとおかしいです、だって今までどんだけ不良やってたんだって話ですよね〜。

2017/09/23

あーさん★久しぶりに外食ですよ(ㆁωㆁ*)

マネージャー。

2018/01/10

ゆずぽん

陵南をくだし、IH出場決定!「メガネ君、引退がのびたな」はいいセリフ。花道くん、赤点7科目のおバカちゃんだけれど良いこと言うんだよ〜 安西先生も復帰して花道だけの猛特訓が始まりました。全国に散らばる強敵に通用するのか!?

2016/02/23

kanon

第十七巻”表紙・ハルコさんアヤコさん”表紙もこの巻だけ単色…一時羽休めの時期。最後まで読んだからわかるけど、この巻で出てきた愛知の「愛和学院」と「名朋工業」―戦う場面は描かれないのである。でもきっちりと紹介をする。てっきりこれらの高校が強豪で、決勝とかで戦うのかと思っていた。何か狙いがあったのか…それともこの時点ではやっぱり描くつもりでいたのかなあ。でも井上さんは結局山王と戦うことに決め、その時点でこの試合が最後、って決めたらしい。これほどの漫画になると嫌でも逸話は聞こえて来るのです笑 読んでいなくても!

2013/11/19

緋莢

4点差で陵南をくだし、インターハイ出場を勝ち取った湘北。喜びも束の間 湘北の面々はインターハイへ向けて動き出す。静岡代表 常誠高校へ乗り込んでの合同合宿へ出発する日。花道は安西に居残りを命じられ・・・

2016/01/03

感想・レビューをもっと見る