読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 18 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 18 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 18 (ジャンプコミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
1994-04-04
ISBN
9784088716282
amazonで購入する

SLAM DUNK 18 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

湘北と陵南の戦い。赤木剛憲は、魚住とのプレーで転んでから足の怪我を思い出し、普段のプレーができないでいた。余計な心配をして勝てる相手ではないので、点差は開いていく。タイムアウトの時に、花道は剛憲に頭突きをかます。彼なりの気遣いが、闘志を燃やすことへと繋がった。湘北の完全復活かと思いきや、福田のプレーにより翻弄される。まさかの花道が穴だと思われ、狙われる。プレー中に流血をしながらも、思ったように動けない自分に悔しさを感じていた。このまま、陵南にリードを許して試合が終わるのか?小暮先輩の想いはどうなるのか!?

2018/07/16

グレ

決勝リーグ最終試合、vs.陵南・前半戦。ゴリも桜木もまだまだ調子がイマイチ。この試合に負けちゃうと君達の夏はもうお終いだぞ!?イイノカ!?!? 後半で爆発するための雌伏の時か。。まったくハラハラさせてくれるぜ……。

2020/02/01

皐月

全国出場の最後の椅子を懸けた、湘北の戦いが始まった。安西先生が不在でも何とかやってる中、チームの柱であるゴリがプレッシャーから心が折れそうになった時、花道の頭突きで復活。花道って相手の心理を察知するのに長けてるね。花道のフリースローの真似をするフクちゃんが可愛い。褒めて褒めてのフクちゃんが大活躍。最後、流血した花道が悔しさに震えているのが印象的でした。

2016/06/16

exsoy

既読・再読。ナイス頭突き!

2015/02/22

こばまり

とうとう、スラダンファンで元バスケットマンの友人から「キミの読書スピードは遅過ぎやしないか」との苦言が呈されました。

2014/08/10

感想・レビューをもっと見る