読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花の慶次―雲のかなたに (18) (ジャンプ・コミックス)

花の慶次―雲のかなたに (18) (ジャンプ・コミックス)

花の慶次―雲のかなたに (18) (ジャンプ・コミックス)

作家
隆慶一郎
原哲夫
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088717289
amazonで購入する

花の慶次―雲のかなたに (18) (ジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふぃー

上杉景勝と直江兼続の助命と引き換えの。丸坊主に!(カッコいいー) ドンチャン騒ぎ(風流踊り)慶次の「かぶき収め」‼️ これを最後に「かぶき者」から足を洗い、京を離れる慶次。どこまでも漢な生き方に惚れました(T . T)

2020/05/07

まるかず

またしてもお片付け途中にガッツリ読みw 一冊だけ~♪ のつもりだったのに、一気読み♪ いやぁ~、参った(´∀`) だってさ~、前田慶次の男っぷりがいいんだもの(´∀`人) そりゃあ、老若男女、敵味方かまわずみんなから愛されるよ♪♪ よろしければ、読んでみてくだされ♪

2017/05/15

shirokuma007

「寝たき時は昼も寝 起きたき時は夜も起きる 九品蓮台に至らんと思ふ欲心もなければ 八萬地獄に落つべき罪もなし 生きるまでいきたらば 死ぬるでもあらうかとおもふ」。いいねえ、男気に惚れた!!

2009/03/25

HIRO1970

☆☆☆

2003/07/01

たたみ

全巻イッキ読み。途中、明らかにダレたけど(特に琉球編!)最終巻だけ、ベラボウに良くて感動。特に最終回が最終回らしくて好き。

2010/01/23

感想・レビューをもっと見る