読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SLAM DUNK 29 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 29 (ジャンプコミックス)

SLAM DUNK 29 (ジャンプコミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
1996-06-04
ISBN
9784088718491
amazonで購入する

SLAM DUNK 29 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

山王工業との戦いは続く。流川の限界を見るときが来た。流川は新人としては実力もあり、何だかんだこれまで実力で切り抜けて来た。ここに来て、一人では勝てない相手・沢北に出会う。頑なにシュートを打っていたのが、パスを覚えた。その結果、沢北を抜くことができた。試合中、それぞれの選手が成長をしている。しかし沢北も幼少期からバスケをしてきた選手。強さで言えば筋金入り。また回想で流川が仙道と戦っていた。才能を活かすためのアドバイスを貰う。花道は、流川と正面衝突するが、それでもお互い何も言わない。それはお互いを尊敬してる。

2018/07/23

皐月

沢北本領発揮!1on1の相手は唯我独尊男の流川しかいない。沢北「やられたらやり返しゃいーんすよ。」流川「借りは即返す!」丸ゴリが花道を観察。安西先生の「君はまだ…仙道君に及ばない」という言葉の意味を真に理解した流川がたどりついた答えは…。チームプレーが出来るようになったのはすごい進歩だと思う。安西先生の興奮した震え「お前を超える逸材がここにいるのだ……!!それも……2人も同時にだ……」ミスをしてしまった花道に「おめーのヘマはもともと計算に入れてる…… …つっただろど素人」と言った流川に怒らない花道。

2016/06/27

exsoy

既読・再読。沢北じゃねーか!

2015/11/16

Toshiyuki Maeda

仙道と流川の回想シーン。北沢だっけ?沢北じゃねーか、どあほう!には笑った。それから、千載一隅のチャンスを潰した桜木が屈辱に耐える。バスケット選手になっちまったのさ・・・いよいよ残り二冊。この先が楽しみです。

2016/09/19

優希

リバウンド王・花道の活躍でリズムを取り戻してきた湘北に、山王も焦りを見せ始めたようです。そして沢北対流川のエース対決。危機に瀕するも持ち前の闘争心で唯我独尊男の意地を見せるのが凄いところです。試合を制してアメリカに行く決意表明にゾクゾクさせられました。流川の初めての笑顔にリョータ派なのにちょっとドキッとしてしまいます。

2014/10/17

感想・レビューをもっと見る