読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ライジングインパクト (13) (ジャンプ・コミックス)

ライジングインパクト (13) (ジャンプ・コミックス)

ライジングインパクト (13) (ジャンプ・コミックス)

作家
鈴木央
出版社
集英社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784088731711
amazonで購入する

ライジングインパクト (13) (ジャンプ・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

3.5 再読。キャメロット杯編が完結。圧倒的な存在だったトリスタンが、自分に追随する者の存在に焦りを感じてプレーか崩れる…ってあれ?もうそのパターン、クエスター、ランスロットに続いて三回目だよ。さすがにワンパターンすぎる気がする…けど、そうでもしてトリスタンのスコアを崩さなきゃガウェインが追い付く展開が作れないか。結末は悪くないし、次の展開への引きもいいけど、大分インフレしきった感はあるよな。

2020/01/26

ハマ

漫画再読記録編1771 覚醒ガウェイ、どんだけ凄いんだ!! クエスターの父親や李王煉らは、一体…!?

2016/06/13

ヴェロニカ

★★★★

2012/08/12

何事にも全力で

崩れかけたトリスタン。しかし、見事な復活。そして更なる高みへ…。160yoverアプローチスイングから決めるまでのシーンは心奮えた。キャメロット杯も終結。物語は次の展開に。

2013/01/03

佳蘋(よし)

再読。

感想・レビューをもっと見る