読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

リアル 2 (ヤングジャンプコミックス)

リアル 2 (ヤングジャンプコミックス)

リアル 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
井上雄彦
出版社
集英社
発売日
2002-09-19
ISBN
9784088763408
amazonで購入する Kindle版を購入する

リアル 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

それぞれのリアル。戸川のワンマンプレイと中学時代のスプリンター。親からピアノを強要されていたが、本当にやりたいことは走ること。それなのに骨肉腫となり、走ることができなくなった。遂にやりたいことが見つかった矢先に、青空の下、絶望を知る。高橋は足を動かすことはできず、バスケをすることができなくなる。歩けなくなると医師に告げられ、病室から見る景色に涙しかない。野宮はバスケに一生懸命に取り組んでいたが、最後はバスケの試合に出ることもなく、外から最後の試合を見て、泣く。三者三様の絶望が心を打つ。

2019/02/12

14番目の月

脊髄損傷、骨肉腫、ASL,それぞれの事情が胸に迫る。 「なぜ自分が」と。 どうやって、その人のQOLを高めていくか、その質は家族や仲間、医療チームにかかっているのだと思う。 自分を受け入れるまでに高橋は相当な時間がかかるだろうなと思う。

2021/03/29

wata

「感覚のない脚だけが俺のリアル」って辛すぎる(T_T)清春君の過去もやっと本当にやりたい事ができるようになったと思ったら骨肉腫だなんて…。

2015/01/27

くりり

戸川の過去、やっぱヒーローを目指すのが男ってもんスよ(^^)/

2014/02/23

紫 綺

なったものにしか解らない、筈なのにリアルだ。

2011/04/10

感想・レビューをもっと見る