読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SIDOOH ―士道― 7 (ヤングジャンプコミックス)

SIDOOH ―士道― 7 (ヤングジャンプコミックス)

SIDOOH ―士道― 7 (ヤングジャンプコミックス)

作家
高橋ツトム
出版社
集英社
発売日
2006-11-17
ISBN
9784088771687
amazonで購入する Kindle版を購入する

SIDOOH ―士道― 7 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

清蔵を亡くし白心郷にも居場所を失った翔太郎たちは、いつかくる仇討ちの為腕を鍛えるべく江戸に居た。桂小五郎、新撰組、勝海舟と、ウキウキする人物がいきなり大集合。勝海舟の紹介で会津の佐川官兵衛の元を訪れたが、その強さは桁違いだった。源太郎初めての挫折…。負けて泣くなんて、可愛い所あるじゃないか。

2019/01/23

きのと

結構史実通りぽい感じか

2020/07/21

園宮

そして、1年。兄ちゃん益々かっこよくなっとる。源はおっきくなっても可愛いままやな。会津磐明館の撃剣集会にて近藤さんと土方さん登場。勝先生に出会い、会津へ。会津で武士道を学ぶんやな。

2015/09/23

yom

勝海舟、佐川官兵衛の登場でアナーキーな雰囲気にややバガボンドっぽい雰囲気が加わった。剣を通した思考。

2020/05/10

孔雀

瑠儀との戦いが始まるかと思ったら、桂小五郎やら勝海舟やら近藤勇やらが登場してきた あら?ってな感じで読んでいくと佐川勘兵衛との一戦 こいつかっこいい(笑) 源、このあとどうする? 武士に二言はないを貫くのか?

2014/07/02

感想・レビューをもっと見る