読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

SIDOOH ―士道― 10 (ヤングジャンプコミックス)

SIDOOH ―士道― 10 (ヤングジャンプコミックス)

SIDOOH ―士道― 10 (ヤングジャンプコミックス)

作家
高橋ツトム
出版社
集英社
発売日
2007-08-17
ISBN
9784088773100
amazonで購入する Kindle版を購入する

SIDOOH ―士道― 10 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

浪士組から外れた近藤たちは百舌の店での出会いをキッカケに会津百連隊と合流。共に上洛する将軍家茂の警護にあたる事に。イヤ〜な時にいつも割り込んでくる瑠儀登場。またしても雪村兄弟の前に立ちはだかる。土方と斎藤はなかなかガラ悪く書かれていて斬新。

2019/02/05

園宮

京都についた土方さんはさっそく百舌姉さんに目を付けたよ。土方さんさすが。それもあって、京都守護職公用方前での翔と土方さんの試し合いが迫力。お互い一歩も退かず。それが縁で京都守護職お預かり新撰組に。家茂の警護にあたるが家茂、美人すぎやろ。女子かっ。瑠儀も仕掛けてくるし、しょっぱなからえらいこっちゃ。土方さんの事を「ガタやんとよ呼ぶ源、さすが。

2015/09/23

ネロ

とりあえずここまで読了。なんともサラッと読めてしまう(^_^;)絵は綺麗なんですが、内容とかキャラにイマイチ深みがなくて、入り込めない…主要キャラたちの立場もよくわからないし…とりあえず最後まで頑張ってみます!

2013/02/10

きのと

新選組はあんまりなぁ

2020/07/21

愛理ちゃん88

バカボンドとは、当然、違う絵だが、剣と剣のぶつかり合いに引きつかられた。

2016/11/05

感想・レビューをもっと見る