読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

BIOMEGA 4 (ヤングジャンプコミックス)

BIOMEGA 4 (ヤングジャンプコミックス)

BIOMEGA 4 (ヤングジャンプコミックス)

作家
弐瓶勉
出版社
集英社
発売日
2008-02-19
ISBN
9784088774053
amazonで購入する Kindle版を購入する

BIOMEGA 4 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

arianrhod

解るようでわからない。復物主が誰かの願いを叶えて生まれた新世界は、以前に増して摩訶不思議な世界。でも、地球の残骸が、そこここにあるようです。直径100㎞、全長48億㎞という広大な異世界の冒険がスタートしてしまいました。ということぐらいしか解らない。再読したら、少しは理解が深まるかな、心配。

2020/06/04

HK

カタストロフを迎えて、見たこともない新世界へ。世界の秘密を追っていく感覚はBLAME!っぽい。

2016/08/14

ぬ(ぬ)

一巻の感想で「わりとシンプルな話」だなんて言ってたのが嘘だったかのようにワケわからなくなってきた。新世界…天文学的に広大な構造体…手探りの探索…あぁ、なんかBLAME!の時のあの感覚が戻ってきたかのようでちょっと嬉しいかも。

2015/01/28

からすとうさぎ

こういう飛躍は短編のクライマックスとかでたまに見るけど、長編のど真ん中で躊躇なくやっちまう思いきりに舌を巻いた。ダイナミックだなあ。

2014/02/09

ダイコン@灯れ松明の火

急展開にして新展開。確実に時は流れ、受精された胚珠は確かに誰かの願いを叶えた。それが一体誰のモノなのか、知るのは願ったモノのみ。

2011/03/22

感想・レビューをもっと見る