読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

孤高の人 6 (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 6 (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 6 (ヤングジャンプコミックス)

作家
坂本眞一
新田次郎
出版社
集英社
発売日
2009-05-19
ISBN
9784088776422
amazonで購入する Kindle版を購入する

孤高の人 6 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

山の上でもやっぱり同じ

2010/12/03

眠る山猫屋

試練に継ぐ試練が文太郎を襲う。世俗のグチャグチャした人間関係は、山の稜線でも文太郎を離すことはない。 だがそれでも、文太郎は歩みを止めない。成長し続けている文太郎。

2013/08/14

たっきん

小堀さんこわいーコワイヨー;; 森がああ反応してしまうのも仕方が無いと思うよ… でも小堀さん、嫌いになれない。しかしこの辺のエピソードなしで山の話だけ読んでいたいと思う…それだと孤高の意味が薄れるんだろうけど;;

2013/07/06

茶ま太

女をリモコンで静止して言いたい事をメモに書き込む心象シーンは、女のキモさ、森の不器用さを凄くうまく印象付けていて屈指の名シーンだと思った。 嫌な方向に熱い新美などの人間関係のグロさと、山の美しさ・厳しさの対比が鮮やかでホント面白いです。

2009/05/19

yom

カマキリ女のリアリティすごい。同じのような人間じゃなくて屈服できる相手。底辺のような女にマウント取られる地獄。

2019/07/01

感想・レビューをもっと見る