読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

孤高の人 14 (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 14 (ヤングジャンプコミックス)

孤高の人 14 (ヤングジャンプコミックス)

作家
坂本眞一
新田次郎
出版社
集英社
発売日
2011-02-18
ISBN
9784088791203
amazonで購入する Kindle版を購入する

孤高の人 14 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

いよいよK2登頂へ。前人未踏のチャレンジに、最初から足並みの乱れが。現代っ子・建村とストイックな文太郎。ある意味二人とも純情純粋なのだが、ベクトルの違いはいかんともし難い…

2013/10/14

たっきん

山以外の話の展開がわからなくなってきてもう諦めてサクサク読み進めてます。登頂をネットで生放送てすごいな…。ラストの顔アップ、何があったのか気になる。

2013/07/07

読み人知らず

建村ぁ!!どこまでも人に振り回される文太郎

2011/04/16

愛理ちゃん88

15メートルの垂直の氷壁を登って行く。標高は7000メートル。バイアグラを飲んで血管を拡張させる建村は、色んな雑念を山に持ち込み過ぎだ。山登りには真摯な気持ちが必要であるということか。孤高の人である文太郎が建村に振り回されている。妻子があると人は変わる。

2013/11/07

jun_mg

日焼け止めを置いていったのが気になる。

2013/08/10

感想・レビューをもっと見る