読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天間荘の三姉妹 スカイハイ 2 (ヤングジャンプコミックス)

天間荘の三姉妹 スカイハイ 2 (ヤングジャンプコミックス)

天間荘の三姉妹 スカイハイ 2 (ヤングジャンプコミックス)

作家
高橋ツトム
出版社
集英社
発売日
2014-07-18
ISBN
9784088797922
amazonで購入する Kindle版を購入する

天間荘の三姉妹 スカイハイ 2 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

今巻で天間荘を訪れるのは、いかにもいまどきのといった二人の女子高生。二人の秘密が明かされるとき、同時に、天間荘の三姉妹の過去も徐々に姿を見せ始める。2011年3月11日……。死者として他人の魂に触れ、他人を癒す毎に、いつしか自らの魂を思い出している。それは、あの日に何があったか、何を失い、何を失わなかったか。そんな過去との対峙は結局のところ、自らを癒す行為へと繋がるのだろう。

2014/07/19

T.Y.

今度の客はギャル二人。いつも離れない二人の実態と、そこに秘められた疎外されることへの脅え。彼女たちとの関わりは、いずれ天間荘を離れるべき宿命のたまえの境遇にも大きく影響する。そして明かされる天間荘と三ツ瀬の街がこうなった訳――。徐々に街を去って昇天することになる人々も描かれる。これは「3.11」への鎮魂。そして、自身も鎮魂されるべき浮かばれぬ魂でありながら未来ある魂を癒す立場になった天間荘に救済はあるのか、どうか。

2014/07/18

十六夜(いざよい)

全然気が付かなかったけど、三ッ瀬の街自体が3月11日の震災で失われた街って設定になっていたんだ。沢山の生死不明の人たちを留めるために作られた街。天間荘の姉妹は街の管理者でもある訳か。優那みたいに自己中でなんでも人の所為にする子…苦手。人の目ばかり気にして余計に人を苛立たせるタイプだ。たまえが引きずり込まれそうで心配。

2016/07/09

RYOyan

生きたい人と死にたい人が交錯する。思ったより重い展開で引き込まれた。

2020/01/24

ゆうなってほんま今時の子なんやろなぁ。扱いがすごく難しそう。たまえの事でお姉さん達はいっぱいいっぱいやのに…

2014/09/13

感想・レビューをもっと見る