読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この音とまれ! 22 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 22 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 22 (ジャンプコミックス)

作家
アミュー
出版社
集英社
発売日
2020-04-03
ISBN
9784088822631
amazonで購入する Kindle版を購入する

この音とまれ! 22 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

良い感じにまとまってきた箏曲部、TV出演も無事こなした。「追いつけないって分かってるから 練習するんじゃないんすか?」 後は練習するのみ!ってだけでは足らない何か...

2020/06/10

けろり

私がお筝を習い始めるきっかけになった本です。 彼らの高校生らしい姿が見られてとても嬉しいです。部活ってこんなものだったなぁ、と懐かしくも羨ましくもなりました。彼らの全国大会での演奏、楽しみです。

2020/04/03

wata

取材に張り切る?部員、特に3名(笑)音の間ってどうするんでしょう?各々の猛練習が重なった時どんな音と空間が出来るのかなぁ。

2020/06/14

和尚

今回も楽しめた。色々あった新入部員も、本当の意味で一員に。そして次巻が気になりすぎる終わり方。既に待ち遠しい。

2020/04/06

こう

表紙のイメージが違ったので、平積みしてたのに素通りしました…//ナツ可愛いーかーわーいーいー//お兄ちゃん…指導とは押し付けることにあらず…//年下であろうと敬意を表し居住まいを正す。本当に素敵な大人がたくさんいる。私もこうなりたい。

2020/04/04

感想・レビューをもっと見る