読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チェンソーマン 9 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 9 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 9 (ジャンプコミックス)

作家
藤本タツキ
出版社
集英社
発売日
2020-11-04
ISBN
9784088824703
amazonで購入する Kindle版を購入する

「チェンソーマン 9 (ジャンプコミックス)」のおすすめレビュー

【次にくるマンガ大賞 2021特別企画】過去の受賞作を振り返り!ジャンプには珍しい強烈個性の主人公『チェンソーマン』

『チェンソーマン』(藤本タツキ/集英社)

 ユーザーから「次にくる」と思うマンガを募集し、そこでノミネートされた作品から投票によって大賞を決める"ユーザー参加型"のマンガ大賞「次にくるマンガ大賞」。7回目となる今年のノミネート作品が出そろい、6月18日(金)から投票がスタートする。ぜひ参加して推しの作品を応援しよう! ドキドキの結果発表を待つ間に、過去の受賞作品を振り返ってみてはいかがだろう。本記事では2019年にコミックス部門で第2位を獲得した『チェンソーマン』(藤本タツキ/集英社)を紹介!

 2019年1月号より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートして以来、その衝撃的なストーリー展開で注目を集める異色作です。

あらすじ  父親の借金を背負わされ、極貧生活を送る16歳のデンジ。“チェンソーの悪魔”のポチタとともに、デビルハンターをして食いつないでいたが、ある日、残虐な悪魔に狙われ、殺されてしまう。しかし、ポチタがデンジの心臓となることで、デンジは復活。チェンソーの悪魔へと変身する力を手に入れたデンジは、公安のデビルハンターであるマキマによって、その…

2021/6/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「チェンソーマン 9 (ジャンプコミックス)」の関連記事

第2部連載にアニメ化決定!! ジャンプ2号『チェンソーマン』最終回で注目を集めたデンジの“ある姿”とは?

『週刊少年ジャンプ』2号(集英社)

※この記事は最新号のネタバレを含みます。  2020年12月14日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』2号では、『チェンソーマン』第97話を掲載。ラストシーンには“学生服”を着たデンジの姿も描かれ、読者から「学校に縁のなかったデンジが高校生に!!」「なんか泣けてきた…」と感動の声が上がっている。  “第1部・公安編”の最終回である同話は、マキマを“すべて食べた”デンジとデビルハンター・岸辺の会話からスタート。デンジは支配の悪魔であるマキマを倒すことに成功するが、その結果新たな“支配の悪魔”が生まれていた。  岸辺から支配の悪魔である少女“ナユタ”を託されたデンジは、彼女と一緒に暮らすことに。その日の夜、デンジは夢の中でポチタと再会する。ポチタから「支配の悪魔はね ずっと他者との対等な関係を築きたかったんだ」と明かされたデンジ。そして「たくさん抱きしめてあげて」と、支配の悪魔の夢を託すのだった。  同話のラストでは「チェンソーマン 今は高校生だって噂だよ!」というセリフと共に、学ラン姿のデンジが登場。これまで小学校に…

2020/12/17

全文を読む

「史上初の終わり方を目の当たりにしてる」デンジ対マキマ、まさかの結末に読者驚愕/ジャンプ1号『チェンソーマン』

『週刊少年ジャンプ』1号(集英社)

 2020年12月7日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』1号では、『チェンソーマン』第96話を掲載。デンジとマキマの戦いの結末に、読者からは「うっそだろ、オイ」「マキマさんがまさかあんな姿に…」といった声が相次いでいる。

 前話でチェンソーマンの心臓を抉り出し、マキマの勝利で終わったかのように見えたデンジ対マキマ。しかし実はマキマがこれまで戦っていたチェンソーマンは、デンジが自分の心臓からもぎ取ったポチタだった。  デンジは油断したマキマの隙をつき、大ダメージを負わせることに成功。しかし物理的な攻撃でマキマを倒すことができないため、デンジはある方法を考えたようで…。  この後のシーンでは、デンジが自身の家で“生姜焼き”を作るシーンが描かれる。冷蔵庫は厳重に紐で閉じられたタッパーでいっぱいの状態。料理を作りながらデンジは、「俺… あんな目にあっといて…… まだ心底マキマさんが好きなんだ」「俺も一緒に背負うよ マキマさんの罪」「マキマさんと俺… 一つになりゃあいいんだ…」と誰にでもなく語りかけていた。  さらに生姜焼き…

2020/12/10

全文を読む

関連記事をもっと見る

チェンソーマン 9 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

物語は最終章に突入した。闇の悪魔の恐怖していたパワー。何をするにも闇の悪魔を怖がるため、デンジがトイレや風呂からエッチまで世話をすることになる。アキは、デンジとパワーと生活することに情を感じるようになった。そういえば、マキマを好きになった理由は何だっけ?で明かされるは、マキマの支配の悪魔という秘密。アメリカの銃の悪魔の解放に個人名を連ねて流れる展開にゾッとする。そのままアキとデンジの戦い。なあ、アキが欲しがったのはキャッチボールをしたいっていうちっぽけなもの。妄想と現実が入り混じり、デンジに殺される。悲。

2020/12/05

眠る山猫屋

闇の悪魔という最悪の敵との戦闘を経て、戻ってきた暖かい日常。喪ったものも多かったが、パワーちゃんもすっかり可愛くなっちゃって、家族の温もりを感じているアキとデンジ。だが作者は突き落としにかかってくる、当然のように。銃の悪魔の真実が語られ、マキマの持つ悪魔の能力が開示された。絶望の果て。天使の魔人ちゃん好きだったのになぁ。アキもまた、全てを剥ぎ取られるようにして・・・。未来の悪魔の言葉は誰にも届かないが、読み手の心に容赦なく突き刺さる。最悪の死に様、開けてはならなかった扉。

2020/11/04

sin

闇の悪魔との闘いで心に傷を負ったパワーを介護するデンジ…見守るアキの心に変化が訪れるが、マキマの冷徹な要求が否応なしに彼らを銃の悪魔との闘いに駆り立てる。そしてアキに知らされた未来の悪魔の最悪な予知にアキはマキマを頼るが、そこで証された彼女の正体、そして迎える最悪の未来、マキマの狙いは?そしてデンジの運命や如何に!?

2020/12/05

アマニョッキ

すごすぎる。9巻を読むためだけにでもみなさん1巻から読みましょう。

2020/11/09

とーちゃん@受験生

「雪合戦」 まぁ、ひどい よくこんな話書きやがったなと 前からそういう伏線みたいなのはあったけどこんな形で出すとは 漫画の書き方がやっぱり好き 次の巻も鬱展開らしいとか…

2020/11/04

感想・レビューをもっと見る