読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レディ&オールドマン 8 (ヤングジャンプコミックス)

レディ&オールドマン 8 (ヤングジャンプコミックス)

レディ&オールドマン 8 (ヤングジャンプコミックス)

作家
オノ・ナツメ
出版社
集英社
発売日
2019-10-18
ISBN
9784088913971
amazonで購入する Kindle版を購入する

レディ&オールドマン 8 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

不老の謎なんて、どうでもいい。単なる希少アイテムに過ぎなくて、むしろ重要なのは主人公たちの生き方。レディもオールドマンも成長した。ふたりの周辺で微妙な動きをみせていた大人たち、特に警部も、やさぐれコンビ・ジョニー&クレイグも良い引っ掻き回し具合だったが、キチンと大人なケジメをつけた。そして後半のキーパーソン・もう一人の不老者がカッコいい。達観、というより、人間を越えかけているような…。かくして、世紀を跨いだ兄弟喧嘩は終わった。〝あの人〟も生き延びたようで、何より。

2020/08/20

しましまこ

ナットー!

2019/11/04

thee birdmen

完結。八巻までで描いたのは結局、壮大な兄弟喧嘩でした。常に達観した兄は怒りさえも超越して相手を理解しようとしたわけですが、読む側もロブがこの心境に辿り着くまでの遠回り付き合わされていたということなのでしょう。広い世界に出て、人と触れ合い、味方と敵に囲まれながら、少しずつ自分を見つけていく。そんな122歳の成長物語でした。ハッピーエンドでめでたしめでたし。

2020/01/24

泰然

読了して、オノナツメは改めて映画表現のフィ-リングの使い方の達人なのを痛感した。古き良き60年代のロサンゼルスを舞台にして、そのヴィンテージさと、不老不死という相反する要素を見事に融合させてお伽話に仕上げて大円団へ。漫画にしてアメリカンクラシックシネマ。永遠の時間を彷徨いながら、喧嘩しながら(要は単に兄弟ゲンカなのだが)ロブとラスが新しい世界を見つけるまでのスリリングで不思議な話を堪能した。ラストの表現も憎い。ああいうレディーファースト精神で締めくくられると、悔しいけどもあんた紳士やねえ、となってしまう。

2020/04/05

まふぃん

完結。壮大な兄弟喧嘩。生きていたんだ🙌

2019/11/06

感想・レビューをもっと見る