読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キングダム 59 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 59 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 59 (ヤングジャンプコミックス)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784088916590
amazonで購入する Kindle版を購入する

「キングダム 59 (ヤングジャンプコミックス)」の関連記事

「作戦が丸聞こえすぎてワロタ」副将・魚燕、戦場のド真ん中で“戦術”を語り出す!?/ヤングジャンプ45号『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』45号(集英社)

 2020年10月8日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』45号。『キングダム』第656話では秦魏同盟軍が戦術を大きく変えるものの、ネット上では「作戦が丸聞こえすぎてワロタ」と爆笑の声が上がっているようだ。  前話にて、戦況が大きく変わった楚VS秦魏同盟軍の戦い。楚の力に秦魏軍が圧倒される中、魏国軍総大将・呉鳳明は戦術を大きく変えようと“ある指示”を下す。  その戦術とは、軍全体で“助攻”と“主攻”を作り上げること。つまり魏軍がつぶれ役となって敵を足止めしている隙に、秦国の将軍・蒙武と騰率いる両軍が本陣を攻め落とす作戦に打って出たのだ。第656話では満羽軍と蒙武軍が激闘を繰り広げる戦場に、助攻となる乱美迫軍が乱入してくるのだが――。  話題の渦中にあるのは、乱美迫軍副将・魚燕。「蒙武将軍はおるかァ!!」と大声で叫んだかと思いきや、「我らは貴様らのためのつぶれ役“助攻”となる」「そして貴様らが“主攻”だ」と大声で戦術を伝え始める。もちろんここは戦場。周りは敵だらけだ。  途中で味方の1人が「作戦が敵に丸聞…

2020/10/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

キングダム 59 (ヤングジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

信がついに将軍になったのもほどほどに趙の内情のヤバさが出てきて恐ろしい。優秀な配下が居ても変な王族が国を滅ぼして行くのは虚しいな。

2020/12/04

五右衛門

読了。前巻から薄々気づいてましたが食糧不足→枯渇この先戦には一応勝利したがこのままでは負け戦に。そこでこの作戦か❗そんなことまで戦が始まる前に読みきっているとはある意味怖すぎです。けれどそのお蔭で一安心です。その間に李牧に異変が起こる。相手国の内紛国王問題。こちらもえげつなすぎ。又々今後が気になります。

2020/09/18

本読みたぬき

秦は勝利し、信は遂に夢を実現させる。一方、敗者である趙は、李牧たちは頑張っていたものの内側から腐っていた…。秦と趙の明暗を分けたのは武人の差ではなく王の差。勝利の喜びよりも、李牧らの悲哀が強い印象を与えた巻でした。この漫画ももうじき終わるのかな。

2021/01/05

こも 零細企業営業

自国の王に脚を引っ張られる李牧が気の毒だ。。

2020/10/19

毎日が日曜日

極限まで飢えた状態でドカ食いすると死ぬかもよ。あと李信にやっとなった。

2020/09/20

感想・レビューをもっと見る