読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

原泰久

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
はら・やすひさ

「原泰久」のおすすめ記事・レビュー

映画「キングダム」インターナショナル版PV公開! 未公開映像も追加した動画が話題

映画「キングダム」インターナショナル版PV公開! 未公開映像も追加した動画が話題

 2019年4月19日(金)に公開される映画「キングダム」のインターナショナル版プロモーション映像が公開された。日本未解禁映像を含む約3分半ほどの映像は、「なんだかさらに壮大なことになってきた」「世界でも通用する映画になりそう」と話題になっている。

 原泰久の漫画を原作とした同映画は、春秋戦国時代の中国を舞台とした作品。山崎賢人(※崎は正しくはたつさき)演じる主人公・信が、“天下の大将軍”を夢見て国同士の戦いに身を投じていく物語だ。日本で公開された予告映像では、山崎のほかに吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、大沢たかおといった俳優陣が登場。ONE OK ROCKが手がける主題歌「Wasted Nights」も解禁されている。

 今回公開されたインターナショナル版は、日本版予告に未公開映像を追加した動画。信が秦国の若き王・嬴政や河了貂と出会う場面のほか、8万の敵に立ち向かう圧倒的なアクションシーンなどが挿入された。映像を見た人からは、「日本の作品とは思えないクオリティ」「1人1人の見せ場があってますます観たくなってきた!」「日本版の予告よりアクショ…

全文を読む

『キングダム』50巻突破記念!「日本国統一 キングダム感謝の構え」キャンペーン開催

『キングダム』50巻突破記念!「日本国統一 キングダム感謝の構え」キャンペーン開催

『キングダム』50巻(原泰久/集英社) (C)原泰久/集英社

『週刊ヤングジャンプ』で連載されている人気漫画『キングダム』の最新50巻が、2018年4月19日(木)に発売。コミックス50巻突破を記念し、感謝の気持ちを日本全国に伝える「日本国統一 キングダム感謝の構え」キャンペーンがスタートしている。

 キャンペーン中は駅のポスターや新聞広告に『キングダム』のキャラクターが出現。登場人物が感謝を伝える際に行う象徴的な構え「拱手(きょうしゅ)」によって、日本全国に感謝の気持ちを表していく。

(C)原泰久/集英社

(C)原泰久/集英社

(C)原泰久/集英社

<「日本国統一 キングダム感謝の構え」キャンペーン3つの施策> 1:50巻応援感謝 キングダム感謝の構えポスター  日本の各都道県、計50カ所(47都道府県主要駅)に、キャラクターによる感謝の構えとセリフをあしらったポスターが登場する。日本全国各都道府県それぞれに向けたセリフは、同作を読んでいない人も楽しめるはず。

 また、東京(東京メトロ新宿駅)、大阪(大阪地下鉄梅田駅、大阪地下鉄なんば駅、大阪地下鉄心斎…

全文を読む

原泰久「絶対面白いです!!」『キングダム』実写映画化に反響続出!

原泰久「絶対面白いです!!」『キングダム』実写映画化に反響続出!

(C)原泰久/集英社

 2018年4月19日(木)に『キングダム』の最新50巻が発売される。50巻突破記念として実写映画化が決定したことも明かされ、「ついに実写化!? めちゃめちゃスゴイことになりそう…!!」と話題になっている。

(C)原泰久/集英社

 原泰久が手がける同作は、紀元前の古代中国・春秋戦国時代の秦国が舞台。身寄りのない少年・信は、同じ境遇の友人・漂と共にいつか天下一の武将になることを夢見ていた。2人はある時秦国の大臣と出会い、漂は王宮に仕えることに。1度は離れ離れになった2人だったが、再会を果たしたときに信の運命は大きく動き出す――。

 2006年から『週刊ヤングジャンプ』での連載が始まり、2012年にはテレビアニメ化。翌年の第17回手塚治虫文化賞ではマンガ大賞を受賞しており、「壮大な作品だけど読み始めたら止まらなくなる」「史実を知っていても知らなくても別の楽しみ方が出来る傑作」「政治や戦略、指導者としてのあり方など勉強になる部分も多い」「何度読み返しても新しいワクワクが感じられる」と絶賛の声が続出している大ヒット作品だ。

 作者の原は実写…

全文を読む

“外務省のラスプーチン”が『キングダム』から盗んだ「知的サバイバル術」

“外務省のラスプーチン”が『キングダム』から盗んだ「知的サバイバル術」

『武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』(SB新書)』(佐藤優/SBクリエイティブ)

「今の時代は~」のような物言いに固執するのは好きではないが、でもこうも思う。「現代は、何事に対しても神経質になりすぎていないか?」と。自分の内側から湧いてくる“情熱”を押し殺すことを、無意識のうちに強要されているような、そんな気がするのである。“今の若い人”は、本質的に熱くないのではなく、熱くなることが出来ないような空気に包まれてしまっているだけなのではないか、とすら思えてしまう。

『武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』(SB新書)』(佐藤優/SBクリエイティブ)という1冊をご紹介したい。著者の佐藤優氏は、タフな生き方がどこか敬遠される寂しい時代に風穴を開けるように「小利口なバカになるな。知的野蛮人になれ!」と声を上げる。この人ほど“知的野蛮人”という言葉が似合う頼もしい人物はそうそういない。

「強く生きていきたい」という感情を殺しながら、「出る杭は打たれる社会」で周りに合わせながら生きていくという世知辛い構造を打ち破るために必要なものは「知的武装」である…

全文を読む

戸田恵梨香がNHK「スタジオパークからこんにちは」で『キングダム』を熱く語り反響相次ぐ!

戸田恵梨香がNHK「スタジオパークからこんにちは」で『キングダム』を熱く語り反響相次ぐ!

『キングダム』45巻(原泰久/集英社)

 女優・戸田恵梨香が漫画『キングダム』にハマっていることを明かし、「次々と芸能人を虜にするキングダムすげぇ!」との反響が上がっている。

 戸田恵梨香が『キングダム』にハマっている事を明かしたのは、2017年1月24日(火)に放送されたNHKの「スタジオパークからこんにちは」に出演したときのこと。「今まで漫画にハマることはなかったんですが…」という戸田であったが、ロケの為の資料として読んだ事をきっかけに、今では新刊を追いかけるほどのめりこんでいるようす。視聴者からは「戸田恵梨香がNHKでめっちゃキングダムのこと語ってる」「戸田恵梨香からキングダムガチ勢の匂いがぷんぷんするんだが…」との声が。

 原泰久『キングダム』は累計2,200万部を超える人気漫画。芸能界で人気の高い作品としても知られており、バラエティ番組「アメトーーク!」では「キングダム芸人」という企画が組まれるほど。また女優の広瀬アリスも付き合いたい2次元キャラに桓騎を挙げる程の『キングダム』ファンである事も知られている。

 そういった経緯から、放送終了後…

全文を読む

『キングダム』とリアル脱出ゲームがコラボ! 開催に先駆け『ヤングジャンプ』では謎解き企画「王騎将軍からの挑戦状」も実施中

『キングダム』とリアル脱出ゲームがコラボ! 開催に先駆け『ヤングジャンプ』では謎解き企画「王騎将軍からの挑戦状」も実施中

 原泰久の同名漫画を原作とした大人気アニメ作品「キングダム」のリアル脱出ゲーム「ある大戦場からの脱出」が、2017年3月24日(金)の東京開催を皮切りに全国で開催されることが決定した。  「キングダム」初のリアルイベントとなる「ある大戦場からの脱出」は、スタジアムやアリーナといった巨大な会場を戦場に見立て、屈強な武将を倒すために会場内に仕掛けられた謎や暗号を解き明かしながらフィールドを縦横無尽に駆け巡るというものだ。

<「ある大戦場からの脱出」ストーリー> 敵国の大軍に攻め込まれる秦国。立ち向かう自軍は長い戦闘の果てに、敵軍総大将を追い込む事に成功する。勝利を目前にしたその時、戦場に地響きが鳴り響く。現れたのは圧倒的戦力を誇る敵国の将軍。自軍わずか数1千。対する敵軍の兵力5万。状況は一変、絶体絶命の死地に立たされる秦国軍。しかし、自軍の総大将王騎は高らかに声をあげる。 「あなたに重要な任務を与えます。この死地に活路をこじあけてごらんなさい」 天下の大将軍王騎から直々に命を受け、戦の行く末はあなたに託された。暗号化された敵の策略を読み解き、屈強な…

全文を読む

原泰久の描き下ろしも収録! 雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号で『キングダム』王騎の大特集!!

原泰久の描き下ろしも収録! 雑誌『ダ・ヴィンチ』11月号で『キングダム』王騎の大特集!!

王騎が表紙を飾る『キングダム』16巻 ©原泰久/集英社

 中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政の活躍を中心に、戦乱の世を描く『キングダム』。

 史実をベースに大胆な解釈を織り込むことで、歴史マンガ特有の壮大さと重厚さを存分に描く超大作だ。才がひしめき合う中国大陸のごった煮感と、本音がぶつかり合う人間ドラマが縦横無尽に炙りだされ、何度読み返しても新たな発見がある。

 そんな『キングダム』の人気を決定的なものにし、その死をもって新たな時代の到来を告げたカリスマ武将が王騎(おうき)だ。

 分厚い赤々とした唇の下に、三本に別れた艶やかな髭をたらし、黒馬に跨る隆々とした肉体……。

 その人となりも、異形のルックスに負けてはいない。

「~ねェ」「~よォ」といった語尾や、「コココココ」という独特の笑い方で得体のしれない魅力を放っているのだ。

 物語の序盤では圧倒的な力を示しながら、秦国内での立ち位置を明確にせず、謎めいたキャラクターとしてストーリーを牽引。その後、信を始めとする才ある若者たちを導き、育てるリーダーとしての姿を見せ始める…

全文を読む

「原泰久」のおすすめ記事をもっと見る

「原泰久」のレビュー・書評をもっと見る

「原泰久」の関連画像・写真

「原泰久」の関連画像・写真をもっと見る