読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

原泰久

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
はら・やすひさ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1975年6月9日生まれ。佐賀県出身の漫画家。九州芸術工科大学在学中の1997年に、『上田君の退化論』で「第36回ちばてつや賞ヤング部門期待賞」を受賞。大学院卒業後はエンジニアとして就職するが、本格的に漫画家を目指すため3年後に退職。1999年に、読み切り歴史漫画『於兎松』で「第40回ちばてつや賞ヤング部門準大賞」を受賞。同作品が『別冊ヤングマガジン』に掲載され、デビューを果たす。2003年には、読み切り作品『覇と仙』で「第23回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリ奨励賞」を受賞。2006年、『週刊ヤングジャンプ』9号より、『キングダム』の連載を開始する。同作品は、2300年前の中国・春秋戦国時代を舞台に繰り広げられる歴史漫画であり、単行本は累計4000万部を突破。2012年には、NHK BSプレミアムにてテレビアニメ化され、2013年には「第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞。2019年に実写映画化(東宝)された。さらに、NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」(2016年5月28日放送)やMBS「情熱大陸」(2016年10月30日放送)などテレビ出演も果たす。2018年12月の「ジャンプフェスタ JUMP FESTA'19」では、サイン会も行う。『スラムダンク』で人気の漫画家・井上雄彦氏や、『東京喰種』でお馴染みの漫画家・石田スイ氏とは、公私に渡って仲が良いことでも知られる。

その他の読み切り作品に、『金剛』(2003年、『ヤングジャンプ増刊 漫革』Vol.36)、『李牧』(2004年、『週刊ヤングジャンプ』18号)、『キングダム番外編』(2013年、『週刊少年ジャンプ』24号)などがある。

「原泰久」のおすすめ記事・レビュー

蒙恬の“将軍っぷり”に味方兵士も惚れ惚れ…!? ヤングジャンプ52号『キングダム』、楽華軍の活躍に注目

蒙恬の“将軍っぷり”に味方兵士も惚れ惚れ…!? ヤングジャンプ52号『キングダム』、楽華軍の活躍に注目

『週刊ヤングジャンプ』52号(集英社)

 2020年11月26日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』52号。『キングダム』第662話では将軍・蒙恬(もうてん)の活躍に注目が集まり、ネット上からは「蒙恬がいい男になってる…!」「将軍の貫禄が出てきたね」といった声が相次いでいる。

 前話までに魏との同盟を成立させ、いよいよ本格的に趙攻略へ動き出した秦。秦VS趙の戦いが激化するなか、蒙恬率いる“楽華軍”と王賁(おうほん)率いる“玉鳳軍”が特に攻勢を見せていた。楽華軍は圧倒的な武力を誇る剛将・愛閃を、玉鳳軍は戦の天才・亜花錦(あかきん)を新戦力として迎えたことで盤石の体制を整えたよう。中でも楽華軍にて指揮を執る蒙恬の“あるシーン”が、ファンの間で大きな注目を集めている。  話題の渦中にあるのは、蒙恬が戦法を説明する1コマ。厳しい表情を浮かべながら、「左より五百反転して左翼の外から敵に入れ」「空いたところに佳歩兵団を前進」と各隊に向けて細かく指示を与える場面だ。蒙恬の立派な“将軍っぷり”は、味方の兵士が惚れ惚れとしてしまうほど。数人の兵士たちは蒙恬に見惚…

全文を読む

“天才軍師”復活か…? ヤングジャンプ51号『キングダム』、呉鳳明による“予言”が話題

“天才軍師”復活か…? ヤングジャンプ51号『キングダム』、呉鳳明による“予言”が話題

『週刊ヤングジャンプ』51号(集英社)

 2020年11月19日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』51号。『キングダム』第661話では呉鳳明によって“あの男”の復活が予言され、ネット上からは「再登場が楽しみすぎる!」「またもや波乱の予感…」などの反響が相次いでいる。  話題の渦中にあるのは、秦国・騰と魏国・呉鳳明が対峙した場面。3年という期間限定の同盟を結んだ両国の武将が、今後の展望について語り合うというシーンだ。騰によると秦国は3年の間に“趙国すべてを得る”という。一方呉鳳明は「趙は落ちぬ」と厳しく批判。彼は趙が落ちない理由として、天才軍師・李牧の名を口にしたのだが――。  李牧といえばかつて合従軍の参謀を務めたほどの名将で、現在は戦場を退いている。しかし、第647話では「今の何倍もの力になって復帰できるようここから立て直していきますよ!」と宣言。その言葉通り、彼は今“司馬尚”のいる“青歌”にて再起を図っているらしい。  騰を睨みつけながら「お前達は結局李牧に勝てない」と断言した呉鳳明。これに対し騰は「李牧が戻ろうと3年で趙を取る」「その…

全文を読む

「救いようのない展開に言葉が出ない」寿胡王の口から語られた満羽の過去が壮絶すぎる/ヤングジャンプ50号『キングダム』

「救いようのない展開に言葉が出ない」寿胡王の口から語られた満羽の過去が壮絶すぎる/ヤングジャンプ50号『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』50号(集英社)

 2020年11月12日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』50号。『キングダム』第660話では寿胡王によって満羽の過去が語られ、ネット上からは「これはトラウマレベル…」「悲劇すぎるよ」といった反響が相次いでいる。  什虎軍の三将として名を馳せているものの、12年前はまだ小国「汨」の大将軍だった満羽。汨といえば、当時楚国の侵略に抗い続けていた小国である。満羽は汨国の民から絶大な人気を誇っており、いわば彼らの精神的支柱。しかし、汨王は満羽が遠地で戦っているあいだに楚国に降服してしまう――。  楚国への降服を断固として反対していた満羽は、ショックのあまり茫然自失の状態に。彼は汨国が楚国に下ることで、自分を慕ってくれた人々が奴隷となることだけは避けたかったのだ。結局、彼の願いをはねのけ楚国に城門を開いた汨国。“守るべきもの”を失った満羽だが、それでも降服せず楚国と戦い続ける。  読者の注目を集めたのは、何十日も続いた戦いの末に満羽が目にした“あるもの”。それは祖国・汨にいた若者の死体だった。知らぬうちに汨国の…

全文を読む

「マジで終わり?」ヤングジャンプ48号『キングダム』、予想外すぎる楚VS秦魏同盟軍の結末

「マジで終わり?」ヤングジャンプ48号『キングダム』、予想外すぎる楚VS秦魏同盟軍の結末

『週刊ヤングジャンプ』48号(集英社)

 2020年10月29日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』48号。『キングダム』第659話では寿胡王本陣があっさり陥落する展開が描かれ、ネット上では「什虎城ってそんな簡単に落ちていいの!?」「マジで終わり?」と波紋が広がっているようだ。  前話にて、“退却”の命令を下した楚の軍師・寿胡王。ラスト1ページでは寿胡王のもとに同盟軍の主攻・騰が迫るシーンが描かれていたが、第659話では「騰軍が楚軍本陣を急襲し陥落させた」というテロップから始まる。  圧倒的な強さで敵をなぎ倒し、今まで不敗と恐れられてきた什虎軍。だからこそ本陣陥落という一報は戦場に大きな衝撃を与えたものの、騰と呉鳳明はまだ警戒を解いていない。なぜなら什虎軍には、満羽・千斗雲・玄右の三将が残っているからだ。  兵たちが「我らはまだ戦えます」「ここから寿胡王様の弔い合戦を」と奮起する中、問答無用で“全軍撤退”を命じたのは玄右。いっぽう千斗雲も「あーあ つまんねー」とぼやくばかりで、蒙武と対峙していた満羽も「次に会う日まで背負っているものを失くして…

全文を読む

「まさか本領を発揮せずに終わり…?」最終ページに描かれた展開に読者騒然!/ヤングジャンプ47号『キングダム』

「まさか本領を発揮せずに終わり…?」最終ページに描かれた展開に読者騒然!/ヤングジャンプ47号『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』47号(集英社)

 2020年10月22日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』47号。『キングダム』第658話で描かれたラストの描写に対し、読者から「まさか本領を発揮せずに終わり…?」「マジで何の活躍もしないまま退場しそうwww」といった反響が上がっている。  楚VS秦魏同盟軍の戦いがますます激化する中、楚・什虎城に突如現れた呉鳳明の井闌車(せいらんしゃ)隊。次々に兵たちが城に攻め入り、城内は早くも大混戦となってしまう。  そんな目の前の状況を受けて、楚の軍師・寿胡王が下した命令は「退却」。今まで不敗と謳われてきただけあって一同は動揺するものの、寿胡王は「不敗かどうかなどどうでもいい」「我々は元からもう守るべきものはない」と終始冷静な態度を見せる。どうやら蒙武と戦う満羽に異変を感じ、退く決意を固めたようだ。  そして今回読者の注目を浴びたのは、同話の最終ページ。今まさに寿胡王と仲間の兵が退こうとしたその時、同盟軍の主攻・騰が寿胡王めがけて攻め込んでくる展開に。同話は寿胡王の目の前まで騰が迫ったところで幕を下ろした。  ち…

全文を読む

「やっぱり蒙武は昌平君ラブなのか(笑)」突然の“昌平君カットイン”に読者大興奮!/ヤングジャンプ46号『キングダム』

「やっぱり蒙武は昌平君ラブなのか(笑)」突然の“昌平君カットイン”に読者大興奮!/ヤングジャンプ46号『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』46号(集英社)

 2020年10月15日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』46号。『キングダム』第657話では“蒙武将軍が背負うもの=昌平君”ともとれる描写が垣間見え、読者から「やっぱり蒙武は昌平君ラブなのか(笑)」といった反響が後を絶たない。

 前話にて、秦魏同盟軍の主攻を担った蒙武将軍。だが道中で楚国の将軍・満羽と討ち合いになり、その驚異的な力によって馬ごとなぎ倒されてしまう。  第657話は、蒙武が落馬したシーンからスタート。そのままトドメを刺せばいいものの、なぜか満羽は刃を向けようとはしない。それどころか蒙武が再び馬に乗る姿を見届けると、今度は満羽が一撃を浴びせられる展開に。  しかし当の本人は「知っている お前達は追い込まれてから力を発揮する」「背負うものが力を与えるからだ」とどこか余裕な表情。加えて「お前の背負っているものの力も合わせて 挑んで来い」「今の俺の楽しみはお前を 背負うものごと打ち砕くことだ」と蒙武をたきつけた。  読者の注目が注がれたのは、まさにこの緊迫した場面。“背負うものごと打ち砕くこと”…

全文を読む

「作戦が丸聞こえすぎてワロタ」副将・魚燕、戦場のド真ん中で“戦術”を語り出す!?/ヤングジャンプ45号『キングダム』

「作戦が丸聞こえすぎてワロタ」副将・魚燕、戦場のド真ん中で“戦術”を語り出す!?/ヤングジャンプ45号『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』45号(集英社)

 2020年10月8日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』45号。『キングダム』第656話では秦魏同盟軍が戦術を大きく変えるものの、ネット上では「作戦が丸聞こえすぎてワロタ」と爆笑の声が上がっているようだ。  前話にて、戦況が大きく変わった楚VS秦魏同盟軍の戦い。楚の力に秦魏軍が圧倒される中、魏国軍総大将・呉鳳明は戦術を大きく変えようと“ある指示”を下す。  その戦術とは、軍全体で“助攻”と“主攻”を作り上げること。つまり魏軍がつぶれ役となって敵を足止めしている隙に、秦国の将軍・蒙武と騰率いる両軍が本陣を攻め落とす作戦に打って出たのだ。第656話では満羽軍と蒙武軍が激闘を繰り広げる戦場に、助攻となる乱美迫軍が乱入してくるのだが――。  話題の渦中にあるのは、乱美迫軍副将・魚燕。「蒙武将軍はおるかァ!!」と大声で叫んだかと思いきや、「我らは貴様らのためのつぶれ役“助攻”となる」「そして貴様らが“主攻”だ」と大声で戦術を伝え始める。もちろんここは戦場。周りは敵だらけだ。  途中で味方の1人が「作戦が敵に丸聞…

全文を読む

「絶対に狙ってるでしょ」将軍・馬介が討たれるものの… ヤングジャンプ44号『キングダム』、思わぬコラボ!? で読者興奮

「絶対に狙ってるでしょ」将軍・馬介が討たれるものの… ヤングジャンプ44号『キングダム』、思わぬコラボ!? で読者興奮

『週刊ヤングジャンプ』44号(集英社)

 2020年10月1日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』44号。『キングダム』第655話では魏の将軍・馬介が討たれるシーンから始まるのだが、なぜか読者の間では「馬介将軍がアシリパ(リは小文字)に殺られたようにしか見えないwww」との声が上がっている。  同盟を結び、楚を急襲する秦魏同盟軍。だが魏軍左翼の将・馬介を玄右が討ち取ったことにより、魏軍全体の攻勢が左から崩れ出してしまう。すぐさま魏の狂戦士・乱美迫率いる軍が援護にまわろうとするものの、行く手には楚の将軍・千斗雲の姿が。彼の攻撃により乱美迫は足止めを食らい、秦魏軍もろとも膠着状態に陥った――。  そんな激しい戦闘が繰り広げられていく中、今回特に注目を集めたのは冒頭のシーン。先述した通り馬介の首が落とされる描写から始まるものの、ネット上では「『ゴールデンカムイ』の最後のコマが『キングダム』の最初のコマと繋がってるように見える」と話題になっているようだ。  というのも『キングダム』の右隣のページには、『ゴールデンカムイ』の登場人物・アシリパが連続殺人…

全文を読む

「原泰久」のおすすめ記事をもっと見る

「原泰久」のレビュー・書評をもっと見る

「原泰久」の本・マンガ

キングダム総集編 2 (集英社マンガ総集編シリーズ)

キングダム総集編 2 (集英社マンガ総集編シリーズ)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2012-06-27
ISBN
9784081110513
作品情報を見る
集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+特典セット【2冊分お得な特別定価】 (学習漫画 日本の歴史)

集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+特典セット【2冊分お得な特別定価】 (学習漫画 日本の歴史)

作家
あおき てつお
早川 恵子
幡地 英明
河野 慶
樋口大輔
柴田 竜介
八坂考訓
吉田 健二
海野 そら太
たなか じゅん
設楽 博己
仁藤 敦史
高橋 典幸
松方 冬子
鈴木 淳
古川 隆久
安田常雄
岸本斉史
荒木飛呂彦
久保帯人
椎名軽穂
浅田弘幸
原泰久
石田 スイ
藤崎竜
和月 伸宏
東村アキコ
森田まさのり
咲坂伊緒
出版社
集英社
発売日
2018-11-13
ISBN
9784082399146
作品情報を見る
キングダム総集編 1 (集英社マンガ総集編シリーズ)

キングダム総集編 1 (集英社マンガ総集編シリーズ)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2012-06-05
ISBN
9784081110506
作品情報を見る
キングダム THE ANIMATION 大将軍 (JUMP j BOOKS)

キングダム THE ANIMATION 大将軍 (JUMP j BOOKS)

作家
久麻 當郎
原泰久
出版社
集英社
発売日
2013-04-04
ISBN
9784087032888
作品情報を見る

「原泰久」人気の作品ランキングをもっと見る