読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

原泰久

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
はら・やすひさ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1975年6月9日生まれ。佐賀県出身の漫画家。九州芸術工科大学在学中の1997年に、『上田君の退化論』で「第36回ちばてつや賞ヤング部門期待賞」を受賞。大学院卒業後はエンジニアとして就職するが、本格的に漫画家を目指すため3年後に退職。1999年に、読み切り歴史漫画『於兎松』で「第40回ちばてつや賞ヤング部門準大賞」を受賞。同作品が『別冊ヤングマガジン』に掲載され、デビューを果たす。2003年には、読み切り作品『覇と仙』で「第23回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリ奨励賞」を受賞。2006年、『週刊ヤングジャンプ』9号より、『キングダム』の連載を開始する。同作品は、2300年前の中国・春秋戦国時代を舞台に繰り広げられる歴史漫画であり、単行本は累計4000万部を突破。2012年には、NHK BSプレミアムにてテレビアニメ化され、2013年には「第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞。2019年に実写映画化(東宝)された。さらに、NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」(2016年5月28日放送)やMBS「情熱大陸」(2016年10月30日放送)などテレビ出演も果たす。2018年12月の「ジャンプフェスタ JUMP FESTA'19」では、サイン会も行う。『スラムダンク』で人気の漫画家・井上雄彦氏や、『東京喰種』でお馴染みの漫画家・石田スイ氏とは、公私に渡って仲が良いことでも知られる。

その他の読み切り作品に、『金剛』(2003年、『ヤングジャンプ増刊 漫革』Vol.36)、『李牧』(2004年、『週刊ヤングジャンプ』18号)、『キングダム番外編』(2013年、『週刊少年ジャンプ』24号)などがある。

「原泰久」のおすすめ記事・レビュー

【最新号レポ】『キングダム』「思わず泣いてしまった…」雷土との再会シーンに読者大号泣!?/ヤングジャンプ45号

【最新号レポ】『キングダム』「思わず泣いてしまった…」雷土との再会シーンに読者大号泣!?/ヤングジャンプ45号

『週刊ヤングジャンプ』45号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年10月7日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』45号。『キングダム』第695話では、思わぬ形で雷土と再会した桓騎に対し「絶対に心の中で泣いてると思う」などのコメントが相次いだ。

 趙軍の総大将・扈輒を討ち取ることに成功した桓騎軍。捕虜となった趙兵の対応に追われる中、桓騎の側近たちは“雷土が見つかった”という報せを受ける。摩論や黒桜らが急いで桓騎のもとへ向かったところ、桓騎は椅子に座ったまま目の前の“大きな箱”を指差した。  摩論たちが恐る恐る箱の中を覗くと、そこにはバラバラの状態になった“雷土の亡骸”が…。あまりにむごたらしい姿に一同は硬直し、黒桜に至ってはその場で嘔吐してしまう。すると近くにいた1人の兵が「顛末を知る者から聞いてきた」と雷土が拷問され、殺された状況を語り始める。  そして兵士によると、雷土は“何一つしゃべらずに死んだ”とのこと。話を聞いた摩論は、「(もともと作戦を知っていた)雷土さんがしゃべっていれば我々は完全に…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「まさに影の立役者だね」桓騎軍の参謀・摩論の活躍に称賛の声続出!/ヤングジャンプ44号

【最新号レポ】『キングダム』「まさに影の立役者だね」桓騎軍の参謀・摩論の活躍に称賛の声続出!/ヤングジャンプ44号

『週刊ヤングジャンプ』44号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年9月30日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』44号。『キングダム』第694話では、扈輒(こちょう)vs桓騎による総大将戦に決着がつき「これで一気に形勢逆転だ!」などの歓声が上がった。

 桓騎を目の前にして、自害を目論む趙軍の総大将・扈輒。生きたまま扈輒を捕えたい桓騎兵は扈輒を取り押さえようとするが、結局扈輒は自身の首を切ってしまう。  大量の血が吹き出す中、扈輒は“最期の悪あがき”として桓騎兵を道連れに。何人か討ち取った後、最終的に息を引き取るのだった――。  思わぬ形で扈輒との戦いを制したものの、他戦場では劣勢の状況が続いている桓騎軍。勝ちに転ずるためには、いかにして“扈輒の死”を広めるかが重要になってくる。  そこで動き始めたのは桓騎軍の参謀・摩論。すぐさま“情報拡散部隊”を全戦場に走らせ、趙軍の兵士たちに“扈輒が死んだ”と報せていく。さらに情報拡散部隊は“10万の王翦軍・楊端和軍が襲来した”という虚報も織り込んだため、趙軍…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』ついに始まった総大将戦! 追い詰められた扈輒(こちょう)が思わぬ行動に出る/ヤングジャンプ43特大号

【最新号レポ】『キングダム』ついに始まった総大将戦! 追い詰められた扈輒(こちょう)が思わぬ行動に出る/ヤングジャンプ43特大号

『週刊ヤングジャンプ』43特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年9月22日(水)に発売された『週刊ヤングジャンプ』43特大号。『キングダム』第693話では、扈輒(こちょう)がとった思わぬ行動に「え、桓騎と戦わないの!?」など驚きの声が相次いだ。

 奇策を成功させ、ついに扈輒本陣を取り囲んだ桓騎軍。扈輒兵100騎に対し桓騎兵は200騎と、圧倒的有利な状況下で戦いが始まる。扈輒の側近・夏満が桓騎に襲い掛かるものの、桓騎は「はしゃぐなよ 雑魚が」と夏満の体を剣で貫くのだった。  扈輒兵が次々と倒れていく中、扈輒は桓騎に「お前はただ見境なく大量殺戮をする異常者だ その代償はいずれ必ず己の身に降りかかるぞ」と言い放つ。桓騎は「で? 浅い奴の浅い話は眠くなるぜ」と一蹴するが、扈輒も「浅いのはお前だ」と即座に反論する。  「私は昔の戦場で人の闇の底を見た 本当に闇の底 つまりは痛みの底だ」と語り始める扈輒。しかし桓騎は話をさえぎって、「だから浅いっつってんだよ」「そこが痛みの底だと思ったお前が浅いんだよ」「…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「マジで天才じゃん…」ついに判明した桓騎の作戦に読者驚愕!/ヤングジャンプ42特大号

【最新号レポ】『キングダム』「マジで天才じゃん…」ついに判明した桓騎の作戦に読者驚愕!/ヤングジャンプ42特大号

『週刊ヤングジャンプ』42特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年9月16日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』42特大号。『キングダム』第692話では、桓騎の作戦が明るみになったことで「頭のキレ具合がハンパじゃない!」などの称賛コメントが相次いだ。

 前話にて、突如扈輒本陣の前に姿を現した桓騎軍。“たかだか小隊”だと侮っていた趙軍も“全て合わせれば1000人近くにのぼる”ことを知り、一気に焦りを見せ始める。  「奴らは一体どこから現れたっ」と騒ぎ立てる中、扈輒将軍だけは「桓騎の幻術によって途中から奴らの兵数を読み違えていた」と冷静に分析を開始。そして秦軍の逃げた兵・残った兵の他に、“隠れた兵”もいた事実にようやく気づく。  実は趙軍は“後退する秦軍の残兵”を全軍で追ってしまったため、何も知らずに“隠れた兵”の頭上を通り越していたのだ。その結果“隠れた兵”の前方には敵がいなくなり、戦うことなく前線を突破。本来前線の後ろには虎白軍(趙軍)が待ち構えているはずだが、既に虎白軍は飛信隊のもとへと向…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「どうしてこんな所にいるの!?」所在不明の桓騎が突如姿を表した場所とは…/ヤングジャンプ41号

【最新号レポ】『キングダム』「どうしてこんな所にいるの!?」所在不明の桓騎が突如姿を表した場所とは…/ヤングジャンプ41号

『週刊ヤングジャンプ』41号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年9月9日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』41号。『キングダム』第691話では、ついに桓騎が動き出したことで「何をしようとしてるのかさっぱり分からない!」などのコメントが相次いだ。

 前話で影丘を制した飛信隊だったが、一方中央では秦軍の敗走が続いていた。もともと4万人いた桓騎軍中央軍の数も約7000人まで減ってしまい、一気に畳みかけようとする趙軍。しかしどこを探しても“桓騎の姿”が見当たらないという。  誰も所在がわからない中、王翦は何かに気づいた様子で「孫臏(そんびん)か…」とつぶやく。孫臏とはかつて存在した有名な兵法家のことで、“敵に残兵の数を見誤らせて戦いに勝利した”という伝説を残している人物。  “桓騎の打てる唯一の策”として孫臏の戦法を思い浮かべる王翦だったが、「もし本当にそうなら やはりあ奴は狂っている」「この私でも… そんな手は使わぬぞ」などと意味深な発言を言い放っていた――。  場面は切り替わり、扈輒(こちょう)…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「危機感がなさすぎるwww」1人だけ浮かれ気味の“サブキャラ”に読者爆笑!/ヤングジャンプ40特大号

【最新号レポ】『キングダム』「危機感がなさすぎるwww」1人だけ浮かれ気味の“サブキャラ”に読者爆笑!/ヤングジャンプ40特大号

『週刊ヤングジャンプ』40特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年9月2日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』40特大号。『キングダム』第690話ではサブキャラ・南陳の様子に注目が集まり、「ちゃんと戦いに集中して!(笑)」などツッコミの声が殺到した。

 前話にて岳白公の動きを封じた信。再び手にした“王騎の矛”を振りかぶり、ついに岳白公を討ち取ることに成功する。  しかし大将戦で勝利をおさめたのも束の間、森の奥から新たな敵軍が出現。ピンチに立たされた飛信隊のメンバーたちは慌てふためくが、ちょうどそこに羌カイ隊が駆けつけるのだった――。  羌カイは森の奥から出てきた敵軍を一手に引き受け、自軍のメンバーたちに「錐型で力を左右に流すぞ」と作戦を伝える。そして騎兵の川歳・山能・南陳に、「私と一緒に中央先端に入れ」と指示を出す。  「一番きつくなるから覚悟を!」と3人に注意を促す羌カイだったが、なぜか南陳だけは頬を赤らめて浮かれている様子。どこか嬉しそうに「喜んで はい… え… いや本当に心から喜んで …

全文を読む

【最新号レポ】「これが信のカッコいいところ」岳白公との一騎打ちで信が思いついた奇策とは…?/ヤングジャンプ38特大号『キングダム』

【最新号レポ】「これが信のカッコいいところ」岳白公との一騎打ちで信が思いついた奇策とは…?/ヤングジャンプ38特大号『キングダム』

『週刊ヤングジャンプ』38特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年8月19日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』38特大号。『キングダム』第689話では信が機転を効かせた攻撃を岳白公に仕掛け、「なるほど! その手があったか!」「やられっぱなしで終わらないのが信のカッコいいところ」などの声が上がった。

 趙軍右翼の将・岳白公との一騎打ちに臨む信。前話では矛から剣に持ち替えたものの、岳白公も戦い方を変えたため依然として信は劣勢に立たされていた――。  信がどれだけ剣を振るっても岳白公の見事な剣術で全てガードされ、そこから拳闘術の攻撃で何度もカウンターをくらってしまう。“岳白公と同等の素手・肉弾戦の力”が必要とされる中、趙軍の兵は“そんな者はいるはずがない”“岳白様に勝てる者などいないのだ”と勝利を確信する。  実際に信も、“くそっ 奴の剣術で守られたら俺の剣は奴に届かねェ”“かといって拳や蹴りじゃ勝ち目がねェし”などと焦りを隠しきれない様子。どうすれば岳白公に攻撃を当てることができるのか模索する…

全文を読む

【最新号レポ】「尾平の使い道がまさかすぎるwww」ヤングジャンプ36・37合併特大号『キングダム』、信が尾平を呼び出した理由とは…?

【最新号レポ】「尾平の使い道がまさかすぎるwww」ヤングジャンプ36・37合併特大号『キングダム』、信が尾平を呼び出した理由とは…?

『週刊ヤングジャンプ』36・37合併特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年8月5日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』36・37合併特大号。『キングダム』第688話では信が尾平を呼んだ理由が判明し、「尾平の使い道がまさかすぎるwww」「期待させておいてからの裏切り!(笑)」など爆笑の声が相次いだ。

 趙軍の将・岳白公と一騎打ちをおこなう中、百人将・尾平を呼び出した信。尾平は「おっ 俺がっ!? なっ 何でっ!? 人違いじゃ…」と動揺しながら信のもとへ近づき、「何で俺を呼んだんだ」と尋ねる。  すると信は少し間をおいて「大した用じゃねェ」とひと言。尾平は「大した用じゃないなら呼ぶな――」と思わずツッコミを入れるが、その直後信から「これを預かっとけ!」と言われて“王騎将軍の矛”を渡されるのだった。  岳白公との一騎打ちで使っている矛を突然手放したため、「お前 頭叩かれておかしくなったのか!?」と驚きを隠せない様子の尾平。しかしどうやら信は岳白公の“素早い動き”に対抗するべく、矛よりも軽い“政の剣…

全文を読む

「原泰久」のおすすめ記事をもっと見る

「原泰久」のレビュー・書評をもっと見る

「原泰久」の本・マンガ

キングダム(63): ヤングジャンプコミックス

キングダム(63): ヤングジャンプコミックス

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2021-11-19
ISBN
9784088921297
作品情報を見る
集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2020年版特典セット【2冊分お得な特別定価】(全面新版 学習漫画 日本の歴史)

集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2020年版特典セット【2冊分お得な特別定価】(全面新版 学習漫画 日本の歴史)

作家
あおき てつお
早川 恵子
幡地 英明
河野 慶
樋口大輔
柴田 竜介
八坂考訓
吉田 健二
海野 そら太
たなか じゅん
設楽 博己
仁藤 敦史
高橋 典幸
松方 冬子
鈴木 淳
古川 隆久
安田常雄
岸本斉史
荒木飛呂彦
久保帯人
椎名軽穂
浅田弘幸
原泰久
石田スイ
藤崎竜
和月伸宏
東村アキコ
森田まさのり
咲坂伊緒
出版社
集英社
発売日
2019-11-12
ISBN
9784082399306
作品情報を見る
キングダム総集編 2 (集英社マンガ総集編シリーズ)

キングダム総集編 2 (集英社マンガ総集編シリーズ)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2012-06-27
ISBN
9784081110513
作品情報を見る

「原泰久」人気の作品ランキングをもっと見る