読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

原泰久

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
はら・やすひさ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1975年6月9日生まれ。佐賀県出身の漫画家。九州芸術工科大学在学中の1997年に、『上田君の退化論』で「第36回ちばてつや賞ヤング部門期待賞」を受賞。大学院卒業後はエンジニアとして就職するが、本格的に漫画家を目指すため3年後に退職。1999年に、読み切り歴史漫画『於兎松』で「第40回ちばてつや賞ヤング部門準大賞」を受賞。同作品が『別冊ヤングマガジン』に掲載され、デビューを果たす。2003年には、読み切り作品『覇と仙』で「第23回ヤングジャンプ月例MANGAグランプリ奨励賞」を受賞。2006年、『週刊ヤングジャンプ』9号より、『キングダム』の連載を開始する。同作品は、2300年前の中国・春秋戦国時代を舞台に繰り広げられる歴史漫画であり、単行本は累計4000万部を突破。2012年には、NHK BSプレミアムにてテレビアニメ化され、2013年には「第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞。2019年に実写映画化(東宝)された。さらに、NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」(2016年5月28日放送)やMBS「情熱大陸」(2016年10月30日放送)などテレビ出演も果たす。2018年12月の「ジャンプフェスタ JUMP FESTA'19」では、サイン会も行う。『スラムダンク』で人気の漫画家・井上雄彦氏や、『東京喰種』でお馴染みの漫画家・石田スイ氏とは、公私に渡って仲が良いことでも知られる。

その他の読み切り作品に、『金剛』(2003年、『ヤングジャンプ増刊 漫革』Vol.36)、『李牧』(2004年、『週刊ヤングジャンプ』18号)、『キングダム番外編』(2013年、『週刊少年ジャンプ』24号)などがある。

「原泰久」のおすすめ記事・レビュー

【最新号レポ】『キングダム』「やっぱり李牧はすごい!」“李牧の演説シーン”に称賛の声続出!/ヤングジャンプ17特大号

【最新号レポ】『キングダム』「やっぱり李牧はすごい!」“李牧の演説シーン”に称賛の声続出!/ヤングジャンプ17特大号

『週刊ヤングジャンプ』17特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月24日(木)発売の『週刊ヤングジャンプ』17特大号には、『キングダム』第714話が掲載された。中でも“李牧の演説シーン”に注目が集まっており、「やっぱり李牧はすごい!」など称賛の声が後を絶たなかったようだ。

 同話ではついに宜安(ぎあん)決戦の日を迎え、趙の総大将・李牧は秦軍との総力戦を前にして“宜安の兵たち”へ言葉をかける。  大衆の前に姿を現わすと、まずは“宜安での戦いが趙国の生命線を保つ重要な戦い”であることを説明。「宜安が落ちれば趙の王室は逃げ場を失い 邯鄲を攻略された時 趙国は滅びる」と告げたものの、直後に「しかし今は 遠い邯鄲や趙王室のことなどは考えなくていい」と言い放つのだった。  突然の“爆弾発言”に多くの兵たちが動揺する中、李牧は「考えるべきことは皆さんの北の地を守ること 侵略者の血のついた刃から皆さんの… 家族を守ることです」と言葉を続ける。  そして「母を子を兄弟を 愛する者を 何があっても守り抜く その…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「“嵐の前の静けさ”とはこのことだね…」赤麗での攻城戦、意外な展開に心配の声/ヤングジャンプ16特大号

【最新号レポ】『キングダム』「“嵐の前の静けさ”とはこのことだね…」赤麗での攻城戦、意外な展開に心配の声/ヤングジャンプ16特大号

『週刊ヤングジャンプ』16特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月17日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』16特大号。『キングダム』第713話では、趙国への侵略を順調に進める桓騎連合軍に対して「なんか素直に喜べない…」などと心配の声が相次いだ。

 宜安(ぎあん)手前の小城・赤麗(せきれい)を奪取するために、出陣した壁(へき)軍。気合いを入れて攻城戦へと臨むが、一向に敵は姿を現わさない。  すると突然城門が開き、城の中から現れた老人が「降伏します どうかお赦(ゆる)しを」と告げてくる。どうやら赤麗城に残っているのは“寝たきりの老人”と“病人”だけで、動ける者たちは全員城を捨てて逃げていった模様。  死傷者無しで赤麗を手に入れた桓騎連合軍だが、河了貂(かりょうてん)と蒙恬(もうてん)は“何か仕掛けがあるのかもしれない”と考える。そこで楽華(がくか)隊と飛信隊は一緒に城内を探ったものの、怪しい所は見つからないまま夜を迎えるのだった――。  いよいよ宜安攻略戦が差し迫り、ここまで順調に歩を進め…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「壁将軍、なにやってんだよwww」行軍中に起きた“ある出来事”に読者爆笑!/ヤングジャンプ15号

【最新号レポ】『キングダム』「壁将軍、なにやってんだよwww」行軍中に起きた“ある出来事”に読者爆笑!/ヤングジャンプ15号

『週刊ヤングジャンプ』15号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月10日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』15号。『キングダム』第712話では、行軍中に起きた“ある出来事”に対して「壁将軍、なにやってんだよwww」「壁のお人好しで真面目すぎる性格が出ちゃってる(笑)」など爆笑の声が相次いだ。

 趙北部・宜安攻略に向けて歩を進めていた桓騎連合軍。その最中、突然ナジャラ族長・イアリエが壁(へき)将軍を呼び止め、「嫌ナ風ガズット吹イテイル 閼与ヲ出タ時カラ占イモ良クナイ」「コノママ進ムト全員無事ニハ帰レナイヨ」などと発言。  どうやらイアリエは“不吉な予兆”を感じ取ったようで、「今ノウチニ ナジャラ族ノ魔払イヲヤッタ方ガイイ」と壁将軍に伝える。そもそも“魔払い”とは一体何なのか、壁将軍もポカンとした表情を浮かべるのだが…。  ページが切り替わると、そこには“魔払いに参加する壁将軍”が描かれていた。「アンミノサン!」という謎の掛け声に合わせ、「亜ッ!!」と全力で叫ぶナジャラ族と壁将軍。上裸になって…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「マジで大丈夫かな…」想定外の事態におちいった秦北東部軍に心配の声続出!/ヤングジャンプ14号

【最新号レポ】『キングダム』「マジで大丈夫かな…」想定外の事態におちいった秦北東部軍に心配の声続出!/ヤングジャンプ14号

『週刊ヤングジャンプ』14号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月3日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』14号。『キングダム』第711話では、大幅に戦力が削られた秦軍に対して「マジで大丈夫かな…」と心配する声が相次いだ。

 趙の狼孟(ろうもう)軍から奇襲を受け、大混乱に陥った秦北東部軍。総大将の曹波広(そうはこう)も討たれてしまったため、凶報を聞いた後軍の兵たちは「こんなところで死んではたまらん」などと言いながら次々と撤退し始める。  結局、狼孟軍の急襲は大成功する。わずか半日で4万人もの秦兵を葬った事実に恐れをなし、秦北東部軍の中軍・後軍は出発地の太原(たいげん)まで後退するのだった――。  秦北東部軍の前方にいる軍だけは前進したものの、最終的に桓騎軍と合流したのは“5万の軍”のみ。一見すると十分な数にも思えるが、もともといた“20万”の数と比べて1/4にまで減少している。  実際に“20万人の軍が来る”と思っていた信は、激減した兵数を聞き「はァ!?」と驚愕。他の主要メンバーも「……五万…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「フラグ立ちまくってるwww」秦北東部軍が調子に乗った結果…/ヤングジャンプ13特大号

【最新号レポ】『キングダム』「フラグ立ちまくってるwww」秦北東部軍が調子に乗った結果…/ヤングジャンプ13特大号

『週刊ヤングジャンプ』13特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年2月24日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』13特大号。『キングダム』第710話では、秦北東部軍の発言に対して「フラグ立ちまくってるwww」など爆笑の声が相次いだ。

 趙北部の地・宜安(ぎあん)を攻めるために、秦は北部・東部の全域から約20万人もの兵を招集。秦北東部軍の兵たちは“六大将軍たちと共闘できる”という事実も知り、「それはもう勝ったも同然 楽勝だ」「褒賞金でたらふくうまいもんを食うぞ」などと余裕を見せていた。  しかし突如、丘の上から数万の趙・狼孟(ろうもう)軍が襲撃。“青歌一の剛将”で知られるジ・アガ将軍は、瞬く間に秦北東部軍の兵たちを蹴散らしていく――。  敵の急襲に秦兵は驚きを隠せないものの、秦北東部軍大将・曹波広(そうはこう)は「二十万の我らに奇襲とはいい度胸だ」「返り討ちにしてやるからさっさと下りて来い この下郎共がァ」と全く動じていない様子。もちろん“圧倒的有利な状況”をふまえた上での発言だが、実は“李朴…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「悪気はないと思うから許してあげてwww」河了貂の“言葉遣い”に田里弥激怒!?/ヤングジャンプ12号

【最新号レポ】『キングダム』「悪気はないと思うから許してあげてwww」河了貂の“言葉遣い”に田里弥激怒!?/ヤングジャンプ12号

『週刊ヤングジャンプ』12号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年2月17日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』12号。『キングダム』第709話では、飛信隊の女軍師・河了貂に対して「上下関係を全く気にしてない感じが好きwww」など爆笑の声が相次いでいる。

 趙国・閼与を攻略するまでに、“想定の3倍”も死傷者を出してしまった秦軍。そこで今後の作戦を話し合うべく、信、河了貂、蒙恬、桓騎などの主要メンバーが一同に集結して“緊急軍議”がおこなわれた。  軍議の場を仕切る王翦軍第二将・田里弥(でんりみ)は、現状報告をしたうえで“2つの作戦”を提案した。その1つが「王翦軍だけを閼与に置いて他の軍で北上を開始し 予定通り北東部軍と合流し宜安を目指す」という内容だったため、河了貂は「(一番兵の数が多い)王翦軍が出陣しないんじゃ この軍は予定の半分くらいになってしまうよ」「それで趙北部を攻略しろって言うの!?」と思わず動揺する。  田里弥は質問に対して「王翦軍も回復次第後を追う」と説明したものの、それ以前に“彼女…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「一気にアツくなってきた!」信の気迫で桓騎兵が押し黙るシーンに反響続々/ヤングジャンプ10号

【最新号レポ】『キングダム』「一気にアツくなってきた!」信の気迫で桓騎兵が押し黙るシーンに反響続々/ヤングジャンプ10号

『週刊ヤングジャンプ』10号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年2月3日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』10号。『キングダム』第708話では、信が桓騎軍に取った言動が注目を集めた。

 龍白公を討ち取った信だが、雷土を生きたままバラバラにされた桓騎兵の怒りは収まらない。「生け捕りだっつったろうが」などと桓騎兵から信は罵声を浴びせられる。馬上でうなだれていた信だが、「ごちゃごちゃうるせェんだよ てめェらは!!」と一喝。  続けて信の迫力に静まり返る桓騎兵たちに「雷土の仇が何だ…」「去年一体 何万人の無抵抗の人間の首をはねやがったんだ」と言い放った。“桓騎軍全員を俺は絶対に許さねェからな”と怒りをあらわにする信に、桓騎本人は薄ら笑いを浮かべた――。  一方、虎白公は「桓騎の首を取るまでは泥水をすすってでも生き延びるべきではないのか」という舜水樹の言葉を思い出し脱出。舜水樹も城から脱出したため閼与(あつよ)城は陥落したが、王翦の予想に反し予定の3倍もの兵力を失うことになる。すべては李牧の思い通りな…

全文を読む

【最新号レポ】『キングダム』「いろんな意味で重い一太刀…」復讐に燃える元扈輒(こちょう)軍が飛信隊と激突!/ヤングジャンプ9特大号

【最新号レポ】『キングダム』「いろんな意味で重い一太刀…」復讐に燃える元扈輒(こちょう)軍が飛信隊と激突!/ヤングジャンプ9特大号

『週刊ヤングジャンプ』9特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年1月27日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』9特大号。『キングダム』第707話では、信が敵将を討ち取るシーンが描かれ「いろんな意味で重い一太刀…」などの声が相次いだ。

 桓騎を守るため、元扈輒軍(虎白騎兵隊&龍白騎兵隊)の前に立ちはだかった飛信隊。兵の数は圧倒的に上回っているものの、“桓騎への強い復讐心”でしぶとく抵抗する元扈輒軍に飛信隊は思わず苦戦してしまう。  そして激しい戦闘が繰り広げられる中、虎白隊は自ら“盾”となって龍白隊を桓騎の元へ行かせる。信は猛進する龍白隊の姿をしばらく無言で見つめ、「俺が仕留める!」と後を追うのだった――。  龍白隊が桓騎のいる本陣へ辿り着くと、待ち構えていた桓騎の側近・黒桜が「大将は生け捕りにしろ! そいつが雷土を連れて行って拷問死させた龍白の長男だ!」と兵たちに指示を出す。するとそこへ、龍白隊を追いかけてきた信が登場。龍白を倒そうとする信に向かって黒桜は「待て殺すな! そいつは雷土と同じ目…

全文を読む

「原泰久」のおすすめ記事をもっと見る

「原泰久」のレビュー・書評をもっと見る

「原泰久」の本・マンガ

キングダム総集編 2 (集英社マンガ総集編シリーズ)

キングダム総集編 2 (集英社マンガ総集編シリーズ)

作家
原泰久
出版社
集英社
発売日
2012-06-27
ISBN
9784081110513
作品情報を見る
集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2020年版特典セット【2冊分お得な特別定価】(全面新版 学習漫画 日本の歴史)

集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2020年版特典セット【2冊分お得な特別定価】(全面新版 学習漫画 日本の歴史)

作家
あおき てつお
早川 恵子
幡地 英明
河野 慶
樋口大輔
柴田 竜介
八坂考訓
吉田 健二
海野 そら太
たなか じゅん
設楽 博己
仁藤 敦史
高橋 典幸
松方 冬子
鈴木 淳
古川 隆久
安田常雄
岸本斉史
荒木飛呂彦
久保帯人
椎名軽穂
浅田弘幸
原泰久
石田スイ
藤崎竜
和月伸宏
東村アキコ
森田まさのり
咲坂伊緒
出版社
集英社
発売日
2019-11-12
ISBN
9784082399306
作品情報を見る

「原泰久」人気の作品ランキングをもっと見る