読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月光条例 (13) (少年サンデーコミックス)

月光条例 (13) (少年サンデーコミックス)

月光条例 (13) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
2011-04-18
ISBN
9784091228543
amazonで購入する Kindle版を購入する

月光条例 (13) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月光の正体に近づいてきた。 チルチルは良いやつなんだろうけど、暴走しすぎだな。

2014/11/16

海猫

いよいよ藤田節全開になってまいりました。主人公の核心に迫る展開もあり、ある程度は仕掛けが見えてきたが必ずやこの作品が予想したものより遥か高みへと登ると信じ次巻を待ちたい。

2011/04/18

すい

『雉も鳴かずば』のお菊を救えなかった悔恨を胸に、今度はマッチ売りの少女を救おうと奔走するチルチル。主人公が救われない悲劇にもちゃんと意味があって、意義もある。そのことへの葛藤。チルチルの気持ちも、作者の気持ちも解るだけに辛い。

2018/07/09

月光の正体がだんだん分かってきました。チルチルの思いも、行き過ぎているけどなんとなくわかります。でも、アンデルセンの言うこともわかる…マッチ売りの少女が、「あたしのお話を読んで笑う読み手はいなかったから…」と言ったのが切なかったな。続きも楽しみです。

2017/01/08

exsoy

何も考えずに書いた物が150年も語り継がれるはずがないよね。

2011/04/20

感想・レビューをもっと見る