読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハヤテのごとく! (31) (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! (31) (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! (31) (少年サンデーコミックス)

作家
畑健二郎
出版社
小学館
発売日
2011-12-16
ISBN
9784091234384
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハヤテのごとく! (31) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

わたー

★★★★★再読。ルカとナギの同人誌対決。ヒナさんというハイパーブレインを得たルカは、自身の同人誌の弱点と向き合い、着実に成長を果たす。対してナギは、特別な存在足らんと、マーケティング戦略を用いた「売れる」同人誌を用意する。結果は明白なれど、そこにハルさんの、いや、アルフォンスの言葉が刺さる。面白かった。

2020/03/07

ソラ

今までお金で何とかしてきたナギが、お金ではどうにもならないことがあることを思い知らされ、ちょっと前向きに。しかし、アテネの件は…?

2012/06/02

むきめい(規制)

ナギも気づいたか。マリアさんの写真集ほしい。

2016/12/29

星野流人

ワタルの片想いに終止符が打たれ、ナギの漫画道も大きな転換点を迎えることとなった。ワタルの告白シーンはハヤテ史に残る名シーンだなあ。 そしてナギ&ルカの漫画道。持ち前の金儲けの才能を発揮して千部の同人誌を売り切る算段を立てるナギに対し、真摯に漫画に向き合ったルカ。二人の対照的な姿勢が、対照的な結果を生んでしまった。この漫画道編におけるナギは、今までの天上人のようなお嬢様ではない。自らの実力不足に苦悩し、現実という大きすぎる壁を前にして進むことのできない、平凡な少女だ。

2011/12/16

もっさん

ナギとルカの同人誌対決決着。本来の目的を見失い暴走したナギに対し、着実に漫画作りに打ち込んできたルカ。結果は当然のようにルカの勝利。今回の敗北で落ち込むナギだが、自らを奮い起たせ必ずルカに追い付く。と宣言。これを受けたルカも自分は更に先に進むと宣言する。なんか少年漫画っぽい。あとはワタルが告白したり。ハヤテがアホの子に勉強を教えたりします。アホの子可愛いです

2011/12/16

感想・レビューをもっと見る