読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

H2 (11) (少年サンデーコミックス)

H2 (11) (少年サンデーコミックス)

H2 (11) (少年サンデーコミックス)

作家
あだち充
出版社
小学館
発売日
0000-00-00
ISBN
9784091235015
amazonで購入する

H2 (11) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

山田太郎

グロいのとかイジメとか虐待とか読む気なくなるので、こういうほのぼのとしたのはいいのではないかと。コロナネタのマンガとかミステリはないのかな、コロナウイルスで純文学というか筒井康隆がなんかやってくれそうな。正月休みだけど、なんだかつまらんなと。

2020/12/29

kagetrasama-aoi(葵・橘)

丸々一冊、北東京大会二回戦、千川vs.石神商業戦です。春華ちゃんと比呂のお父さんが絡むシーンが楽しいです。「ぜったいボロを出す。どこかに、欠陥があるはずなんだ。昔から、春華がホレる男には必ず…な。」石商の四番バッターの志倉くんのセリフです。そうなの?

2019/08/19

Hammer.w

1日11冊。よく読めている。最近、相性を見てもキングダムばかりだ。あだち充ファンともつながりたい。何よりノーヒットノーランまであと1人。

2019/05/13

exsoy

オヤジの運命やいかに…w

2014/08/20

ひじり☆

大竹、島の変化が面白い!お父さん…すっとぼけているな(*´∀`)

2016/03/12

感想・レビューをもっと見る