読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハヤテのごとく! (39) (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! (39) (少年サンデーコミックス)

ハヤテのごとく! (39) (少年サンデーコミックス)

作家
畑健二郎
出版社
小学館
発売日
2013-12-18
ISBN
9784091245106
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハヤテのごとく! (39) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

同人誌対決早く終わらないかなぁ。もう着地点がわからなくなってきてないかな?

2013/12/23

ソラ

ナギがついに覚醒したって感じ。今までマリアが良くも悪くも甘やかしてきたところからの脱却ってところかな。逆にその母親役としての役割がもう不要になるかもしれないと思った時のマリアの心境ってどうなんだろうかと。今までぬるーい展開が続いていたけれど久々に次がものすごく楽しみ。

2013/12/18

わたー

★★★★★同人誌対決もいよいよ佳境。ナギがようやく本気を出す。マリアとハヤテに守られて、わがまま放題だった彼女が、友からの激励により、自分の力だけで前へ進もうとする。あのクリスマスの日からそんなに時間は経っていないのに、彼女の確かな成長を感じて良かった。

2020/03/07

レリナ

ついにナギとルカの同人誌対決も次巻で終局へ。長かった。ここまで来るのに何巻消費したのだろうか。引き延ばした感はやはりあったもののこの巻でナギがついに自分の力で立ち上がろうとする姿が見れたので、ああナギも成長したなと実感した。マリアも母親役卒業かな。こうしてみるとキャラクターが成長した姿が見られることはいいものだなと思う。次巻で同人誌対決終了で次の章へ…といったところだろうか。楽しみ。

2013/12/20

SEGA

39巻にしてようやくナギがまともな主人公となりましたね。で、マリアさんの明日はどっちだ?

2013/12/27

感想・レビューをもっと見る