読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

からくりサーカス (7) (少年サンデーコミックス)

からくりサーカス (7) (少年サンデーコミックス)

からくりサーカス (7) (少年サンデーコミックス)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
1999-04-01
ISBN
9784091253378
amazonで購入する Kindle版を購入する

からくりサーカス (7) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

流之助

再読。サーカス編は一旦お休み。からくり編スタート。こっちのダークな雰囲気の物語の方が好み。表紙で完全ネタバレしているが、鳴海生存。片腕を失ったその姿はあるるかんと似ている気がする。オリンピアのデザイン、あるるかんに似てめっちゃカッコいい。攻撃の時にスカートのすそ摘み上げているところとかツボである。初登場ギイ。鳴海を連れてきた場所は、しろがねの回想に出てきた館を思い出させるが・・・。自動人形たちが登場し、物語がどんどん盛り上がっていく。四天王っぽいのは少年漫画の王道。登場人物が増えてくると面白くなってくる。

2018/02/19

流之助

表紙の圧倒的ネタバレにめげず読了。やっぱり少し殺伐とした「からくり」の展開の方が好みかも。サーカスの楽しみを知る勝たち一行とは別に動き出す鳴海。ギイのキャラクターが気になる。あと、「しろがね」の謎も。敵も揃ってきていて(しかも自動人形!)、面白くなってきた!敵側は「早く人間になりたーい」な願いを抱いているのだろうか?真夜中にサーカス見たら怖そう!

2016/08/11

ホシナーたかはし

再読。何度読んでも表紙観ただけでネタバレと分かっていても、たぎるものがあります。仲町サーカス始動、背中に模様のある人の「親がひでぇと、ガキはつれぇ」は、今の世の中を憂いているような・・・そして派手な演出で再登場、鳴海!マリオネット使い「しろがね」の意味とは・・・以下次号!

2016/05/03

むきめい(規制)

生きていたか、ナルミ。

2017/03/11

MonoCarky

俺としては非常に珍しいことなんだけど、3巻で鳴海が死んでからこの7巻までの間で、鳴海が登場しないことに悲しくなってしまって、どんなフザケた論理でもいいから鳴海が本編に戻ってくれればいいとおもって、それが実現してホッとしているのであります。

2012/03/06

感想・レビューをもっと見る