読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしおととら (第11巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うしおととら (第11巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

うしおととら (第11巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

作家
藤田和日郎
出版社
小学館
発売日
2002-03-16
ISBN
9784091258717
amazonで購入する

うしおととら (第11巻) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

D4C

半分以上を占める、お外堂さんの物語。新キャラも登場し、面白いのですが・・・それにしても、うしおモテるなぁ(笑 本人にその意思が無いので、もうナチュラル女性キラーですなぁ(笑 そして、妖怪東西決戦。これは次の巻に続きますが、白面をめぐる物語はもちろん、箸休め的な物語、サイドストーリーも全部面白いというのだから、本当にすごい作品です。

2015/12/04

白義

さとりの話はマジで切ないのでやめてほしい。十郎の話といい、この手の話が不意打ち的に出ると普段とのギャップでいっそうくるものがある。水乃緒編はここでまたフラグを立てるべき魅力的なキャラが出てきて野郎なら歓喜。褐色方言って、いいものですね。異端者の心の闇、うしおたちの晴れやかさが対比的に描かれて、久々にまさにうしとらという感じのお話だと思う

2013/04/30

さとりの話も切ないなぁ。うしとらの年始は和んだ。はぐれ外道の話も結構好き。高千穂空屋敷好きだなぁ。

2011/06/26

おさと

さとりの話切ない。涙でた。

2012/01/21

佳蘋(よし)

名作

感想・レビューをもっと見る