読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

MASTER KEATON / 11 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

MASTER KEATON / 11 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

MASTER KEATON / 11 完全版 (ビッグコミックススペシャル)

作家
浦沢直樹
勝鹿 北星
出版社
小学館
発売日
2012-05-30
ISBN
9784091841711
amazonで購入する

MASTER KEATON / 11 完全版 (ビッグコミックススペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まつじん

ハドソン警部を見ると終わりが近いんだなぁ、と感慨深くなります。おじいちゃんの活躍ももっと見たかったッス。

2012/05/30

kei@名古屋

ハドソン警部はいつ頃レギュラーになったのだろうか。と思いを馳せながらチャウシェスクの足音におびえてしまいます。もうすぐ完結と思うとこれまたさびしい限りです。

2012/05/30

じょり

登録し忘れていた(^_^;) メイドインジャパンは切ないな。会社のために海外で働いてきたのにいきなり見捨てられて。そして裏の世界にってのが。つまようじ一本で殺人できるのも怖いな。戦争経験者はウィルバーみたいな思いをした人も多いんだろうな。英雄扱いがいきなり犯罪者扱いだもんな・・・失われた天才監督も、切なかった。せっかくいい映画を作成してたのに・・・プロデューサーが悪い全部。

2012/07/20

にゃむこ@読メ8年生

ラス前巻。『メイド・イン・ジャパンⅠ~Ⅲ」が切なさ溢れる。海外の企業戦士の苦労たるや…Mr.中村が最後に見た線香花火はキートン・百合子父娘とやった最前のではなく、地元で見たものだったと信じたい。

2013/11/18

緋莢

軍の大佐であるロビンソンは、コカインを密売する現場で刑事に撃たれた息子・エディの死体と対面する。生前の息子について知りたいと思うロビンソンは、エディの保険金の受取人を探すキートンと出会う。調査を進める内に、エディの死に不可解な点がある事に気づき・・・

2015/06/06

感想・レビューをもっと見る