読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない

まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない

まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない

作家
中野信子
かんようこ
サイドランチ
出版社
小学館
発売日
2019-07-19
ISBN
9784093887137
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

「いじめ」の根源が“まんが”でわかる!

脳科学者・中野信子氏の著書、小学館新書
『ヒトは「いじめ」をやめられない』のコミカライズ本です。
いじめについて、脳科学の分野から、検証・考察して書かれた原本を、
若い女性を主人公にしたストーリーコミックの形をとり、
多くの人に、関心を持ってもらい、理解してもらえるように描いています。
アウトライダー、サンクションなどの専門用語も、具体的に
コミックとして読むことで、理解しやすくなっています。

「まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない」のおすすめレビュー

ヒトがいじめをやめられない衝撃的理由。「脳」がいじめを選択している?

『まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない』(中野信子:著、かんようこ:まんが、サイドランチ:編集協力/小学館)

「あんたが登校するほうに50円かけたから、明日こそ必ず学校に来てよね」――筆者が中学生の頃、同級生のこの言葉を聞いた時に「自分の価値は50円なんだ…」と思った。人の考え方や人生を変えてしまうほど強い力を持っている。それがいじめの恐ろしさだ。

 毎年夏休みが明けると、いじめを苦にして自ら死を選ぼうとした人の存在がニュースを通じて報道される。その悲しいニュースに触れるたび、多くの人が「いじめなんてなくなればいい」と憤るのに、学校という枠だけでなく、社会に出てもいじめはなくならない。人は誰かをいじめずにはいられないのだろうか――。

 誰もがよくないと分かっているのに、根絶できない。その「いじめ」の正体を脳科学という視点から解き明かすのが、『まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない』(中野信子:著、かんようこ:まんが、サイドランチ:編集協力/小学館)だ。本書は、ヒトがいじめをやめられない理由と、そのうえでの対処法をストーリーコミックの…

2019/8/21

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

まんがでわかる ヒトは「いじめ」をやめられない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Twakiz

同タイトルの新書のエッセンスをマンガストーリー+ミニ解説でどうぞ,という本.いじめは集団のフリーライダーを排除して集団を守るために人間が持っている本能の過剰発現なので「やめましょう」ではななくならない,というのが主張の本体.解決策は「生きるために逃げろ」であるが「逃げる先もない」人もいる.登場する「脳カフェ」は微妙・・笑

2019/10/15

日の丸タック

人は正しいと思っている事でも、絶対に間違いでも止められない行動がある。 それは性格や育成環境の問題もあるのだろうが、人間の本能…脳科学的な問題でもあるのだ。 人が自分を守るための本能の過剰な発動であったりするため、理性や教育では届かない世界がある。 ならば本書で示すように物理的な距離を保つことも大事な回避策であり、このことを深く理解したならば、逃げる、避ける等物理的に避けることに抵抗がなくなるのではないかと感じる。 イジメをなくす。ではなく、無くならないので避ける!これしか有効な方法はないのかもしれない!

2019/09/06

そーすけ

被害者が逃げるしかないのは、何だかなぁ……。この理屈で行くと、生活保護バッシングとか、どうにもならないことになっちゃう。文章部分は漫画と重複しているので、要らなかったのでは?

2019/11/02

こばゆみ

とても読みやすいのでいろんな人に読んでほしい。漠然と「いじめはダメ」と伝えるのはほとんど意味がない。一番効果的なのは物理的な距離。「なぜいじめられている側が逃げなければならないのか」の問いに対する答えはシンプル。でも心にずっしり。感覚が麻痺する前に休もう避けよう逃げよう。

2019/10/18

Nさん

江戸の頃からある鎖国体質は、これまでの日本人が創ってきた慎重さと、空気を見すぎてきた繊細さなのか。 蜜月と呼ばれるお隣さんと比べてもいまだ、移民に対し閉鎖的なのは、昔からの気質が変わってないということでもある。 うつや自殺がG7トップクラスなのも納得というか、いたし方ない事なのだろう。

2019/11/12

感想・レビューをもっと見る