読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

羊の頭 (小学館文庫 フ 8-2)

羊の頭 (小学館文庫 フ 8-2)

羊の頭 (小学館文庫 フ 8-2)

作家
アンドレアス・フェーア
酒寄進一
出版社
小学館
発売日
2021-09-07
ISBN
9784094068047
amazonで購入する Kindle版を購入する

羊の頭 (小学館文庫 フ 8-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

本作はシリーズの二作目で、いきなり読んだので、登場人物の関係がつかめず、最初は混乱した。物語は何者かが山の山頂で狙撃され、殺害されてしまう。一方、その2年前、DVに耐え切れなくなったカトリーンが、一人の男から逃げ出そうと策謀する時系列の物語があって、その二つの物語が交錯しつつ語られながら、いくつかの殺人事件が撒き散らされ、結末へと至ることになる。冒頭の出来事からは思わぬ方向に展開するので、話の複雑さに振り回されないようにする必要があると思う。機会があればシリーズ第一作の「咆哮」を読んでみたいと思う。

2021/09/16

ハンナ

ドイツ、リーダーシュタイン山山頂で男の頭が銃で吹き飛ばされる事件が発生。ミースバッハ刑事警察のクロイトナー上級巡査がその場に居合わせ、撃たれる直前に被害者のクメーダーが、彼の恋人で2年前に行方不明になったカトリーンの行方を弁護士のファルキングが知っていると語っていた。犯人につながる重要証言をするつもりだったファルキングも彼の事務所で何者かに銃殺されてしまう。今回、新しい出会いがあったヴァルナーと、行き当たりばったりで大当たりと大失態を繰り広げ、期待を裏切らないクロイトナー(笑)。で、犯人はそっちかーい!!

2021/10/23

楽しみましたぁ♪クロイトナーさんといい、ヴァルナーのお祖父さんといい、面白いです。お話しは、何とも悲しいと言うか、DV絡みのは読んでてツライですね。シリーズの翻訳続いて欲しいです~。

2021/10/15

星落秋風五丈原

いやヴァルナ―よかったね!今回はそれしか言えないわ。

2021/09/30

petitlyz

【図書館で借りた】前編からそうだったけどクロイトナーは”持ってる”!ヴァルナーのお爺ちゃんも元気。ヴァルナーだけ相変わらず寒がり。ストーリーは一筋縄でなくて、最後までなかなか安心できなかった。なんでどこの国に行っても、ろくでなしの男はパートナーの女性に暴力をふるい、かつその女性に異常に執着するのか。よくあることといえばそうかもしれないけど、こんなことも解決できない現代社会って…となる。

2021/10/28

感想・レビューをもっと見る