読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロックンロール・トーキョー (小学館文庫 き 14-2)

ロックンロール・トーキョー (小学館文庫 き 14-2)

ロックンロール・トーキョー (小学館文庫 き 14-2)

作家
木下半太
出版社
小学館
発売日
2021-01-04
ISBN
9784094068634
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロックンロール・トーキョー (小学館文庫 き 14-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

H!deking

うんー、木下半太のファンではあるけど、これはどうなのかなー。自伝的な小説って、自分に酔ってるのが見えちゃうと、読まされてる方は醒めちゃうのよね。木下さんも相当あちこちで事故ってるのかも知れないけど、それは夢や目標があったからであって、普通の人はこういうの感情移入しにくいんじゃないかなー。

2021/09/10

Takeshi Kambara

著者の半自伝小説ロックンロールストリップの後編は前作の大阪から舞台を東京に移し夢の為に奮闘する姿が書かれている。これがほぼ実話だとしたら著者はどれだけ凄い経験をしてきたのかと凄く驚いた。だからこそあんなにも滅茶苦茶な小説が(良い意味で)書けるのだなと何だか納得。作中ちょくちょく出てくる氏の著書は名前が少し変えてあってもどの作品を指しているのか分かるので「こんな時にこういう作品を書いていたのか」とこれまで読んてきた著書も思い出しながら楽しめました。ファンの方は是非読んで欲しいです。本作が後編なので注意(笑)

2021/12/27

栄吉

★★☆☆☆ サクッと読む。半自伝的小説。自分の思いに正直な作者、夢を追うのは生半可ではいけない。

2021/03/27

中海

新刊の棚にあったので三年ぶりくらいに手に取る。半自伝的書き下ろし。やっぱこの人は人柄だよね。私自身も含め、都合の悪いこと、嫌なことには目をつぶったり、知らん顔してる人間が多い中、この人は自分に誠実だから、立ち止まって「何があかんかったのか」「なんでや」と事件を受け止め、咀嚼する。そんな作者に寄り添う奥さんがひたすら凄い。こんな聖人みたいな人いるのか?信じるって、全然簡単なことじゃない。勇気っていうのは、無責任になることじゃない。こういう本若い人にどんどん読んで欲しい。腐るのはすごく簡単だ。

2021/02/27

感想・レビューをもっと見る