読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勘定侍 柳生真剣勝負〈三〉 画策 (小学館文庫 J う 1-3 小学館時代小説文庫 勘定侍柳生真剣勝負 3)

勘定侍 柳生真剣勝負〈三〉 画策 (小学館文庫 J う 1-3 小学館時代小説文庫 勘定侍柳生真剣勝負 3)

勘定侍 柳生真剣勝負〈三〉 画策 (小学館文庫 J う 1-3 小学館時代小説文庫 勘定侍柳生真剣勝負 3)

作家
上田秀人
出版社
小学館
発売日
2021-02-05
ISBN
9784094068740
amazonで購入する Kindle版を購入する

勘定侍 柳生真剣勝負〈三〉 画策 (小学館文庫 J う 1-3 小学館時代小説文庫 勘定侍柳生真剣勝負 3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蕭白

面白かったです。これからいろいろと敵が出てくるようですが、主人公がどうかわしていくかも楽しみです。

2021/02/22

clearfield

シリーズ3作目、早速江戸での勘定勤めが始まりまずは支出の削減という事で薪、炭、油など当時の江戸で必須だった水道光熱費の削減に着手。そういえば上田さんは嘗て「織江緋之介」と言う小野一刀流の幕府剣術指南の子を主人公にした本を出していました、今回柳生だから剣術指南の両派が揃ったことになりますがどちらも庶子の子が主人公、やはり実在では小説にはならないか。今回の話は相棒(師匠)がいないしこれと言ったヒロインも登場しない、また商人という事で主人公が年齢の割に完成しすぎた感がします

2021/02/14

だいゆー

(^^

2021/02/10

食べる

一夜の頭の回転が良いのは面白いけど、少々過ぎる気もする。若気の至りっていうエピソードがあっても良いんじゃないかと思う。

2021/02/13

こたろう

甲賀に柳生を倒せるか?一夜の周りが騒がしくなってきた。

2021/02/22

感想・レビューをもっと見る