読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まさお君とだいすけ君 (小学館文庫)

まさお君とだいすけ君 (小学館文庫)

まさお君とだいすけ君 (小学館文庫)

作家
松本秀樹
出版社
小学館
発売日
2012-05-08
ISBN
9784094087260
amazonで購入する

まさお君とだいすけ君 (小学館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

畑茶々

一人の芸人の人生を変えたワンちゃんとその息子。番組大好きでずっと観てました。読んでて思ったのはまさお君もだいすけ君も本当に松本くんの事が 大好きなんだと云う事。それは、きっと信頼から来るものだと思います。わんこって自分を可愛がってくれる人の事分かりますし。きっと、今頃 二人で松本君について歩いてるんだろうな。うちの近所にロケでだいすけ君が来たことあるのですが、本当に良い子で可愛かったです。

2012/05/14

神城冥†

ポチたまをずっと見ていて、松本くんとまさお君、だいすけ君の旅をずっと見守ってきた。愛くるしい姿はとても微笑ましかった。だから、まさお君が亡くなった時も、だいすけ君が亡くなった時もとても悲しかった。直接逢ってない私でもそうなのだから、長く触れ合った松本くんやスタッフさんや家族さんの悲しみはハンパないと思う。今頃、虹の橋の向こうで親子で美味しい食べ物を食べ、幸せに暮らしているのかな…。松本くんは二匹の事をとても愛していたんだと、再認識できた。

2013/11/06

ファルコン

番組見てたので、あーそんなシーンあったな。と懐かしくなりました。 2頭ともちょっと亡くなるの早すぎましたね。泣けてきました。 松本君が犬の資格をいくつか持ってるのは意外でした。「犬は嘘つかないし、裏切らないので、仲たがいもない」ホントですね。うちの犬も生きてる間にもっと可愛がってあげようと思いました。映画も見てみたいです。

2012/07/24

610@書店員復帰を目指し中!

たくさんの人に元気をくれた、まさお君とだいすけ君。この本を読むと自然と優しい気持ちになるが涙も止まらない。それだけ、まさお君とだいすけ君の事が好きだった。松本君との絆は今も強いと思う。この3人(犬ですがこういう表現をさせていただきます)には番組や本を通して、たくさんの事を教えられた気がする。

2012/06/30

水無月@中四国読メの会参加中

序盤は楽しく読んでいたが、まさおくんの亡くなる場面で号泣。松本くんがまさおくんに誓ったこと、「だいすけをまさおよりも長生きさせる」が叶わなかったことを事実として知っているだけに、余計に切なくて仕方なかった…。それでも、松本くんがまさおくんとだいすけくんを本当に大切にしていたことは伝わった!それと、2代にわたる旅犬が松本くんを大好きで、そして旅を楽しんでいたことも。2匹の犬が虹の橋を渡って、楽しく過ごせていますように。

2012/05/28

感想・レビューをもっと見る