読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

MAO (6) (少年サンデーコミックス)

MAO (6) (少年サンデーコミックス)

MAO (6) (少年サンデーコミックス)

作家
高橋留美子
出版社
小学館
発売日
2020-10-16
ISBN
9784098502660
amazonで購入する Kindle版を購入する

「MAO (6) (少年サンデーコミックス)」の関連記事

加神双馬のクズっぷりがハンパない… サンデー6号『MAO』、「菜花ちゃん、もうボコボコにやっちゃってください」

『週刊少年サンデー』6号(小学館)

※この記事は最新号の内容を含みます。  2021年1月6日(水)に発売された『週刊少年サンデー』6号。『MAO』第75話では加神双馬のクズっぷりに拍車がかかり、「もとから鼻につくキャラだったが、ここまでくるともうね…」「切実に早く痛い目にあってほしい(笑)」とネット上を苛立たせている。

 そもそも双馬とは、獣を宿す呪いを受ける加神家の次男。その呪いを操りたいがために摩緒の兄弟子・白眉と手を組み、自分を救おうとしてくれた摩緒を裏切ってしまう。  そんな彼の身勝手な行為により、否応なく猫鬼(びょうき)化する摩緒。猫鬼は摩緒を呪い続ける最強の蟲毒で、白眉はその猫鬼を使役しようと目論んでいた。  おかげで白眉の思うがままに操られてしまう摩緒。対して事の元凶である双馬は「菜花さんすまない」と口では謝罪するも、「でも… やっぱり獣はぼくが引き受けないと」とまるで反省していない。それどころか白眉から“摩緒の連れの娘(黄葉菜花)を冷静に殺せるか?”と問われた際には、「そうすれば… 獣の使い手になれるんですね…」と対峙する気満々だ…

2021/1/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

MAO (6) (少年サンデーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

仄かなヤキモチが可愛らしい。誰が嘘を吐いているのか、事実を歪めているのは誰か。なんだか敵味方みんなが少しづつ騙されているような雰囲気。

2020/10/22

どあら

妹から借りて読了。どうして五色堂に呼ばれた兄弟子たちは死なないのだろう…?菜花を好きな白羽くん、調べ物が得意な使える人だー😁

2021/04/15

はな

なんやかんやで世話やき&優しい百火さまが好き(^^)次々と出てくる兄弟子たち。みんなひと癖もふた癖もある人ばっかり。寝てるときのまおが可愛い(笑)

2020/10/19

garakuta@寝る三時間前に風呂を浴びると良い睡眠

【速読】おきな書房にて、購読中。誰が敵で味方か分からんが、物語的には非常に優秀な作品だ。

2021/10/10

ぐうぐう

謎が謎を呼ぶ構造は、大風呂敷を無駄に広げてしまう危うさがある。収集がつかなくなるという、それは危うさだ。『MAO』の巧みさは、謎である程度引っ張ったあと、焦らし過ぎずに真相を明かし、さらなる真実によってどんでん返しを誘発させ、ドラマを躍動させている点にある。謎が謎を呼ぶのではなく、謎が真実を呼ぶのでもなく、真実がさらなる真実を呼び、それは結果として謎を招くという逆転の発想こそが『MAO』の最大の魅力なのだ。

2021/02/20

感想・レビューをもっと見る