読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏目アラタの結婚 (5) (ビッグコミックス)

夏目アラタの結婚 (5) (ビッグコミックス)

夏目アラタの結婚 (5) (ビッグコミックス)

作家
乃木坂太郎
出版社
小学館
発売日
2021-04-30
ISBN
9784098608720
amazonで購入する Kindle版を購入する

夏目アラタの結婚 (5) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

カリカリとノートに旦那の似顔絵を描く死刑囚。あれ?彼女、本当にアラタに恋しちゃってる?? そこにロマンチストの息子アラタが殺し文句「女房ってのはみんなもともと天女で、本当は止まった時間の中で永遠に若くいられるんだが、結婚する時に時間を動かして旦那と一緒に歳をとってくれるようになるんだ」「真珠も、俺と一緒に歳をとってくれるんだろ…?」。黒豹と狼げな二人の関係性がより密に!! 読むと悲劇の名作〈レオン〉が観たくなる第5巻だが、巻末で殺人鬼の両親の新たな情報が・・・。なんて続きが気になるうまいヒキなんだ…。

2021/06/17

眠る山猫屋

品川真珠は過酷な運命に苛まれた可哀想な子・・・と読者にまで思わす作者の手腕。だが時折見せる表情が・・・。ゲームの位相が違い過ぎる。勘と経験だけで挑むアラタには、真珠は理解不能な難敵。近づいたかと思えば遥か彼方。裁判官や検察官といった敵対者も現れたが、桃ちゃんや被害者家族までも魅了した真珠。アクリル越しの真剣勝負はまだまだ続きそうだ。

2021/05/07

BUBI

真珠の口から事件の真相が語られますが、どこまでが真実かは分からない。真珠の供述がそうだからか、このコミックの最近のストーリー自体が迷走気味で分かりにくくなっている印象を受けます。一体、何が起こっているのやら。焦点は、やはり真珠は死刑になってしまうのか、それとも大逆転で外へ出てくる可能性があるのか、ですが、外へ出てきたらアラタがもたないと思うし、ストーリーも破たんしそうなので、そこでこの作品自体が終わりなんだろうな。真珠が待ってたのがアラタだってどういうことなんだろう。この伏線はしっかり回収して欲しいです。

2021/05/01

Yasuhiro Kamada

引き延ばし過ぎず展開させ、アラタと真珠の心理戦は次のステージに。弁護士さんだけなんだかなってところですが、正義に目がくらんでしまうと操られやすいんだろうなぁ。 どうやって膨らましていくのかなと思っているうちにもう5巻。次も楽しみです。

2021/05/04

マサキチ黒

乃木坂46さんの、「ヒロインに最高の舞台を。」という作家でなければ変質者の視線は、素晴らしい。物語はヒロインからしか生まれないのだ。男なんぞ掃いて捨てる程余ってるからね(@_@)

2021/06/12

感想・レビューをもっと見る