読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

九条の大罪 (3) (ビッグコミックス)

九条の大罪 (3) (ビッグコミックス)

九条の大罪 (3) (ビッグコミックス)

作家
真鍋昌平
出版社
小学館
発売日
2021-08-30
ISBN
9784098611256
amazonで購入する Kindle版を購入する

九条の大罪 (3) (ビッグコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

D-suke

相変わらず面白いけど、話が重い。 今回の巻で気づいたんだけど、一つの話が2話ぐらいで終わってスムーズに話が進むのもこの作品の良さだと思う。 それと宗教において自殺が罪っていう話を初めて知った。

2022/01/10

アイオー安楽

ようやく面白くなってきた。全ての登場人物の造形や、会話にリアリティがあってたまらない。

2021/08/31

lily

「家族の距離」完結。九条先生の見事な働きぶりで山城先生に完勝。悪質な介護施設が淘汰されるべきなのは言うまでもないが、介護施設不足・介護士の給与の低さ・8050問題など現在も課題は山積しているのは変わりない。烏丸先生の親友の話も衝撃的。頭が良すぎるのも考えもの、である。

2021/10/23

歩月るな

広々と問題を扱っているようで、実は人間関係はコンパクトに整理されているので、必要最低限の登場人物で纏まっているのではないかという印象が強まって来た。一つの問題が通り過ぎていくうえで、水面下の人物たちの動きの収束地点で、何かしらのカタルシスがあるのかもしれない。やべえやつの世界で、誰に寄り添って世界を見つめることも正直拒否したいが、壬生と言う人物の動きはどう転んでいくのか解らない所があるので、今後の展開が見ものになりそう。九条先生の思惑みたいなところは直截絡むことが無さそうなので、読者への情報開示が見事ね。

2022/07/04

尿酸値高杉晋作

画が下手過ぎてストーリーが頭に入ってこない。 ああああああ とかの演出も飽きた。

2021/12/30

感想・レビューをもっと見る