読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悲しみの歌 (新潮文庫)

悲しみの歌 (新潮文庫)

悲しみの歌 (新潮文庫)

作家
遠藤周作
出版社
新潮社
発売日
1981-06-29
ISBN
9784101123141
amazonで購入する Kindle版を購入する

悲しみの歌 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

人の弱さ、悲しみといった感情が見せられたような気がします。戦犯となった過去を持つ「罪人」勝呂こそが真実として存在している。様々な人が登場しますが、皆が虚無のように見えました。その中で、愛することしか見えないお人好しのガストンが降臨してきたキリストのように思えます。彼は誰一人として救えたわけではないけれど、純粋に愛を求めるその姿が神に最も近い者として遣わされたのではないかと思います。正義の顔や優しい顔を見せるのは容易なこと。でも、誰よりも罪と悲しみを知っていることこそが本当の生きる意味のように感じました。

2016/08/29

ジンジャー(C17H26O4)

勝呂は黒い海を抱えて生きてきたのだろう。黒い波に流され生体解剖に助手として参加して以来。己の良心は、罪の意識は。身を隠すようにして開業する医院で行う堕胎手術に対する慚愧の念は。容易く割り切ることのできない正義と不義。善と悪。表と裏。若い新聞記者は執拗に過去を暴き、今を暴き、世間は無情に勝呂を裁く。苦しむ老人の願いを叶えたことは罪か。ガストンの無限の優しさと愛にも、勝呂の見る黒い海の色はついに変わることはなかったのか。人間の弱さや不条理を全て受け入れ赦そうとするガストンは、だが、読者にとって救いでありうる。

2019/07/28

GAKU

「海と毒薬」から20年程経過してから書かれた作品。あの「生体実験」の末端の助手を務めた、勝呂の後日譚といえる作品。ただ読み進めていくうちにこの作品の本当の主人公は誰か?という疑問が沸き起こった。読み終わってから主人公は外国人でお人好しのヒッピー、ガストンではないのかと感じた。彼はまさしく新宿に降臨したキリストでしょう。しかし彼の行為は余りにも滑稽で、結局誰も救う事が出来ない。ある意味この作品は「海と毒薬」以上に悲しく、救いようのない作品ではないか?⇒

2016/08/14

ぱんぺろ

遠藤作品中、最も哀しい物語。再読するのに勇気が要ったが、あまりの哀しみの深さに途中読書を放棄したいと何度も心が揺れる。多くの遠藤作品にある「救い」は本作にもある、と意識としては判る。判るがしかし、この哀しく冷たい都会の雨に打たれる人物群に祈りたくなるばかり。物語は遠藤作品最大の主題である愛を彫るが、読書感情がちっとも追いつけない救われない、行間に満ちる暗いMAX←になみだも出ない。インテリだという道化役にも一切の救いようがない。悲惨に塗れて気鬱になるものの、その反動で得られる日々の人の優しさに改めて気づく

2016/11/18

田園の風

この小説は、「海と毒薬」の後日譚である。戦時中、米軍捕虜の生体解剖実験に関わったとしてB級戦犯に処せられた勝呂医師は、服役後も事件から逃れられず、各地を転々とし今は新宿の場末で医院を開業している。彼の患者である末期癌患者は回復の見込みがなく、死ぬまで激痛に耐え抜くだけしか残された途はない。その患者を安楽死させた勝呂医師の行為は殺人に当たるのだろうか?また、生を苦としか捉えられなくなった勝呂医師にとって自死は許されない行為なのだろうか?今もって正邪を判別することの難しさを知った思いがした。

2016/10/02

感想・レビューをもっと見る