読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

周五郎少年文庫 南方十字星: 海洋小説集 (新潮文庫―周五郎少年文庫)

周五郎少年文庫 南方十字星: 海洋小説集 (新潮文庫―周五郎少年文庫)

周五郎少年文庫 南方十字星: 海洋小説集 (新潮文庫―周五郎少年文庫)

作家
山本周五郎
末國善己
出版社
新潮社
発売日
2019-01-27
ISBN
9784101134758
amazonで購入する

周五郎少年文庫 南方十字星: 海洋小説集 (新潮文庫―周五郎少年文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

林田力

「囮船第一号」は日本海軍の最新鋭の戦艦として豆戦艦が登場する。普段は漁船などにカモフラージュされる程度の規模であるが、戦闘機も一台格納されている。 第二次世界大戦の日本海軍は大艦巨砲主義に固執して敗北した。ところが、本作品のような娯楽作品には機動力重視の発想がある。「アメリカあたりではまだせっせと巡洋戦艦を造るのに夢中だが、此方はひと足お先に逆手をいっているのさ」との台詞まである(95頁)。どうして日本海軍は大艦巨砲主義に固執していたのだろうか。

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る