読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

騎手の誇り (新潮文庫)

騎手の誇り (新潮文庫)

騎手の誇り (新潮文庫)

作家
本城雅人
出版社
新潮社
発売日
2017-09-28
ISBN
9784101211312
amazonで購入する Kindle版を購入する

騎手の誇り (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

12年前の競走中の事故で騎手の父・忍を亡くした息子・和輝は、父の死の真相を知るため、騎手になった。かつての父の好敵手でトップ騎手の平賀に殺されたのではないかと、事故の謎を追う和輝。レースの緊張感が胸に迫り、ラストはとても感動的でした。

2019/03/06

ミーコ

競馬の知識が全く無かったので 途中で挫折しそうになりましたが 最後まで読んで正解でした。父 忍の落馬事故により命を落とした真相を探るべく 息子 和輝も騎手に・・・。平賀が殺した様なもの との噂は本当なのか? 嫌な人間としか思えなかった平賀ですが この物語に悪い人はいませんでした。競馬新聞の新人記者 仁美さんの存在も良かったです。読後感も爽やかでした。また本城さんの作品、読んでみたく思います、

2018/06/24

yomineko

マイ読のゆみねこさんから教えて頂きました!父、小山忍はスーパースター平賀剛の2番手に甘んじていたが賞を取れそうな馬を平賀から譲ってもらったはいいがその馬に乗り落馬で命を落としてしまう。一輝は「父は平賀に殺されたのではないか」と疑惑を抱き平賀と一緒の厩舎に移り真相を解明していく。華やかな競馬の世界の裏を見ることが出来る。競馬好き、馬好きの方々は是非!でも競馬、乗馬は結構落馬事故で命を失うことが多いと聞き趣味で乗馬を始めるかどうか悩んでいます。

2019/03/16

ぽかちゅう45

読み終わった瞬間、腕に鳥肌がたってました!すごくいい!!はじめは完全にスポーツものとして描かれていますが、徐々にサスペンス要素が強くなり、両方で楽しませてもらいました♪テイストとしては近藤史恵さんの「サクリファイス」と同じような魅力、凄みを感じます。すっごくいい!カッコいい!シビレました!!!

2019/07/02

DONA

意外な人物が犯人というか「へえ、そうだったんだ」と思ったら更に展開が。誰が悪いわけでもなかったんですね・・って感じ。そこの部分はともかく、それ以外の競馬の世界や騎手の人生について色々知ることが出来たのが面白かったです。短いレース中に素人にはわからないたくさんの想いと駆け引きがあるんですね。

2019/09/02

感想・レビューをもっと見る