読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

英雄の条件 (新潮文庫)

英雄の条件 (新潮文庫)

英雄の条件 (新潮文庫)

作家
本城雅人
出版社
新潮社
発売日
2019-01-27
ISBN
9784101211329
amazonで購入する Kindle版を購入する

英雄の条件 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミッフー

メジャーと日本プロ野球界を巻込むドーピング事件の物語。疑惑の主人公が白だと分かりめでたしめでたし、ってクセなくアクなく当り障りなく、作者は映画化でも狙ってるの⁉️と白け気分😓まあ予想通りではありますが😜 阪神江夏、オリ野村、西武清原、皆いい選手であったが引退後にシャブに手を出し社会のハミゴ💦現役時代もやってたのでは❓と言う人もいるが、極限の体を張った成績第一世界、誰も彼等を責められないと思う🤔精力減退気味でアルギニンEXをお試し価格でネット購入した誰かとはわけが違う❗️えっ、お前の事やんてか🤪

2019/03/02

ゆん

全米を、そして日本をも巻き込んだメジャーリーグでのドーピング疑惑。 渦中の日本人元メジャーリーガーは薬物を使用していたのか?その栄光は虚像なのか? メジャーでは度々ドーピングの話題が出てきますが日本プロ野球ではあまり馴染みのない問題であり、あってはならない問題である。人間の強さと弱さを描かれ薬物に対する問題提起された本作は本城氏ならではの作品かな。

2019/03/10

Hideo Itoh

忙しくて、本を手に取ろうという気持ちになかなかなれなかった3月。たまたま手にしたこの本は、早く眠らなくちゃという夜に、ページを繰る手が止まらなくなるような悪魔のような(?)一冊。視点や日付が頻繁に切り替わるので気が抜けないが、それがスリリングな展開を生んでいたような。まだ文庫化されていない近作が楽しみだ。

2019/03/31

詩界 -うたか-

#読了 #本城雅人 #英雄の条件◆医師の残したノートに書かれた野球選手の薬物摂取。事実なのか。薬物を使っていたのは日本でもアメリカでも活躍した有名選手だった。ノンフィクション作家としてスポーツの美談でベストセラーを出す父と意見の合わない安達は徹底的に調べていく。もし、ドーピングを知りながら書かないんだとしたら——。コメントしない津久見。怯える武藤。野球界と記者たちがそれぞれ動き出す◆記者×スポーツモノ。過去のドーピングは本当なのか?という物語で、野球知らなくても面白かったです〜!

2020/02/16

kkkともろー

野球界にはびこるドーピング問題。元メジャーリーガーの津久見はやったのか?真相を追うスポーツ記者、代理人。日米に渡って複雑に広がる関係。この著者の小説は本当にリアル。

2019/06/26

感想・レビューをもっと見る