読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

どこから行っても遠い町 (新潮文庫)

どこから行っても遠い町 (新潮文庫)

どこから行っても遠い町 (新潮文庫)

作家
川上弘美
出版社
新潮社
発売日
2011-08-28
ISBN
9784101292410
amazonで購入する

どこから行っても遠い町 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

小さな街で生きる人々の姿を描いた連作短編集。川上弘美さんの作品特有のふと涙がこぼれそうな寂寥感、不確かさ、崩れてしまいそうな危うさを感じます。多くの短編が収録されているのですが「四度めの浪花節」、「急降下するエレベーター」、「濡れたおんなの慕情」が特に好みでした。それぞれに共通する女と男の不確かさ。そして作品にもよるのだが、最後に仄かな灯りがある。この不確かさと寂寥感に心惹かれる。そして川上弘美さんの作品を手に取る。本作は短編集なので読みやすい。川上弘美さんの作品を、これからも大切に読み続けたいと思う。

2018/02/13

❁かな❁

やっぱり川上弘美さんの作品好きだなぁ♡川上さんの作品を読むのは12作目。東京の小さな町を舞台にゆるやかに繋がっている連作短編集*川上さんらしい空気感はそのままですが他の作品よりもリアルで生々しさもある。それぞれのあやふやな関係も良くゆっくり味わいながら少しずつ読みました。「四度目の浪花節」の央子さん魅力的で何度も繰り返してしまう2人の気持ちもわかる。「長い夜の紅茶」「貝殻のある飾り窓」の関係も良く「どこから行っても〜」「ゆるく巻く〜」への流れもすごく良かった*読了後すぐまた最初から読みたくなる素敵な作品♡

2017/11/25

しんたろー

東京の架空の下町を舞台にした11話の連作短編集…各話が緩く繋がった話は一言で評すれば「下町人情もの」なのだが、そんな陳腐な言葉では表現できない奥行を感じた。街の匂いが人々の温もりと共に漂ってきて、人生の機微や人間の複雑さをシミジミと感じた。1話目からの流れもあってか、10話目の表題作とラストの『ゆるく巻くかたつむりの殻』は秀逸で思わず溜息が出た。何処にでもいそうな老若男女を書き分ける筆力も高く、川上さんはまだ3冊目だがすっかり魅了された。「平凡って、幸せって、何だろう?」と取り留めなく考える冬の夜だった。

2019/02/12

酔拳

商店街を舞台にした、短編集です。11編の短編から構成されていて、どの話も、どこかつながっています。素敵な商店街だと思いました。魚春にも行ってみたいし、居酒屋ぶどう屋にも行ってみたいとおもいました。  印象に残ったのは、「蛇は穴に入る」の出だしの文です。「年をとるって、自分の今までの人生が、どっと自分の上にふりかかってくるってことなのよね。」という文がうまいなっておもいました。

2016/03/05

mincharos

川上さん、やっぱり大好き。ちょっとずつ繋がっていて、最後の話で一番気になっていた語り手だったので、彼女の心と旦那さん&愛人の関係を知れて、ストンと腑に落ちたような気持ちになった。「好きな人が死ぬと、自分も少しだけ死ぬのよ」に共感。日本語がきれいで、物語の空気感がすごくいいので、何度読んでも楽しめると思う。ある程度年を重ねた女性が性に奔放な感じがかっこいいなーと。というか、年いってて、モテるところがかっこいいのか!!

2017/11/29

感想・レビューをもっと見る