読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文庫版 ヒトごろし(下) (新潮文庫)

文庫版 ヒトごろし(下) (新潮文庫)

文庫版 ヒトごろし(下) (新潮文庫)

作家
京極夏彦
出版社
新潮社
発売日
2020-09-29
ISBN
9784101353555
amazonで購入する

文庫版 ヒトごろし(下) (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chantal(シャンタール)

【今更京極倶楽部】人を殺したい願望を心に持ち続ける自分は最早人ではない、「人外」であると自覚する土方歳三。人殺しは大罪である、だから合法的に人殺しをするために新選組を作った。そう、彼のやった事は決して許される事ではない。しかし人外なりの美学はある。決して戦で殺したい訳ではない、上に立つ人間が莫迦ならば多くの兵隊が死ぬ、そして死ぬのは町人百姓達。死なせないのが上の者の役割なのでは?そうでなければ人殺しと何が変わらぬのか?最後の勝海舟とのやりとりは圧巻。本当の政とは何か?今の偉いさん達にも読んで欲しい。

2021/02/15

優希

土方さんは刹那的に殺意を抱き、人を殺す。もはや人外と言えますね。人殺しという大罪を正当化するために新選組を結成したと言ってもいいでしょう。京を震撼させつつも、近代化の波は新選組の存在意義を失い、土方さんは自らの道を突き進むことになります。意地や忠義で人を殺してない信念は格好良いの一言に尽きます。最後の勝海舟とのやりとりは圧巻ですね。本当の政とは何かを問いかけられているようでした。血の路、荒野の路を歩む土方さんの生き方に貫かれます。

2021/03/01

みこ

新選組小説としては土方の行動原理を深く掘り下げており、120点の出来である。ただし、上巻との比だと70点程度かもしれない。人を殺したいという欲望に囚われた感情移入のできないサイコパスな土方を貫き通して欲しかったが、正論で山南を論破するなど土方自身が合理的に動こうとし過ぎているように感じられた。もう少し斬新な新選組を期待していたが、結局彼はいつものように近藤勇を盛り立て、新選組を守り、最後まで格好良い生き方を貫いていた。

2020/11/27

えみ

狂っている彼は「ヒトでなしのヒトごろし」。…それでいい。そうでなければならない。その他の何者にもなるまい。それが京極版土方歳三である。確かに彼は人殺しが好きな人外で「鬼」だ。しかし、だからこそ乱世に蔓延る欺瞞に満ちた人間たちの言動、行動に騙されず、臆することなく常に冷静に現状を把握できていたのだ。だから強い。だから殺せる。だから付いて行きたくなる!迸る鮮血が空に咲く。残酷な赤、美しき紅。刹那、彼は闇に翳を落としたのだろう。艶やかな狂気に中てられて。凄みがあるいい漢とは離れがたい。その狂気をまだ見ていたい!

2020/10/04

geshi

刀から銃と大砲へ戦の武器が移り変わり、同時に戦争の意味も大きく変わってしまう。人という個が曖昧になり数字上のマスの死へ変革する時代のあわいに生まれた徒花が新選組であり土方歳三だったのだろう。外敵がいるのに内戦の動乱によって命が失われ、上に立つ者が莫迦なせいで兵士が死に、凝り固まった憎しみと信念のもとに命を懸ける、ヒトでなしの目から見た人間であるがゆえの狂気がおぞましい。刀を手にヒトごろしとしてしか生きられなかった男の最後の疾走には胸に熱いものがこみあげてくる。

2021/04/13

感想・レビューをもっと見る