読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神の悪手

神の悪手

神の悪手

作家
芦沢央
出版社
新潮社
発売日
2021-05-20
ISBN
9784103500834
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

神の悪手 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

芦沢 央、3作目です。本書は、将棋ミステリ短編集、オススメは、『弱い者』&『恩返し』です☗ 私は将棋に関しては素人なので、棋譜等に関して詳しいと、より楽しめると思います☖ https://www.shinchosha.co.jp/book/350083/

2021/06/13

いつでも母さん

将棋を指さなくても物語に入って行ける短編5話。その先が気になったタイトル作、助けてよの『弱い者』、深いなぁの『恩返し』が好み。特にラストの駒師の作品は駒師の仕事の奥深さが良かった。次は長編でガツンと読みたい芦沢さんだった。

2021/06/13

しんたろー

芦沢さん新作は将棋に関わる人間模様を描いた5つの短編…「芦沢さんが将棋?柚月さん『盤上の向日葵』の後追い?」と邪推したが、心理描写とミステリ要素を絡めてグイグイと読ませる腕は健在。ルールを知らない人でも、人間自体の様々な感情を「そうだよなぁ!」と思えるように描いているので充分に楽しめる筈。特に、避難所で将棋ボランティアの活動を描いた『弱い者』と、駒師という珍しい存在の目線で綴った『恩返し』は意外性と人情味が絶妙にミックスされていて唸らされた。数年ぶりに将棋を指したくなったが、駒も将棋盤も行方不明(苦笑)。

2021/07/20

のぶ

将棋をテーマにした5つの作品が収められている短編集。話としてはどれも面白かったが、ミステリーとしての要素は弱いと思った。表題作の舞台は奨励会。26歳までにプロになれなければ退会の厳しさの中での葛藤が見事に描かれていた。「ミイラ」は詰将棋の不思議な魅力を取り上げていて興味深かった。最後の「恩返し」では日頃あまり取り上げられない、タイトル戦の対局前検分や、感想戦が盛り込まれていて嬉しかった。自分は柚月裕子さんの「盤上の向日葵」が好きだが、芦沢さんには今後それに匹敵する長編を読ませてもらいたい。

2021/05/30

とん大西

将棋のことはチンプンカンプンでもそれなりに楽しめますが、通じていたらやはりひと味もふた味も違ってたやろなぁ…と。踏み込んで読まなかったので、ちぃとどれも印象が薄い。芦沢さんなのにね、なんか勿体ない読み方してもうたかな、という感じ。1話目の「弱い者」の展開は芦沢さんっぽくて好みではあります。

2021/07/11

感想・レビューをもっと見る