読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

これはただの夏

これはただの夏

これはただの夏

作家
燃え殻
出版社
新潮社
発売日
2021-07-29
ISBN
9784103510123
amazonで購入する Kindle版を購入する

これはただの夏 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

machi☺︎︎゛

表紙の焼き飯に惹かれて手に取った本。初めての作家さんだけどめちゃくちゃ好きな感じだった。テレビの製作の仕事をする主人公とその先輩と同じマンションに住む10歳の明菜と風俗店で人気嬢の優香。それぞれの夏がさらっと書かれているんだけどとても切なくてセンチメンタルな気持ちになった。主人公が明菜と再開する冬バージョンとかも読みたい。

2021/11/04

Nobuko

何処にでもありそうな、夏の数日間のお話ですが、燃え殻さんの作品は、エモいんです。主人公のボクは、仕事に忙殺されて相変わらずでした。結婚式で出会った風俗嬢の優香が花を添えたり切なかったりで、ボクと同じマンションで母親と2人で暮らす10歳の明菜は愛くるしかった。脂ぎった元気な人にしか見えない大関は実は末期癌で、最後まで良い味を醸し出した。みんな孤独を胸に秘めながら生きているが、この人たちと一緒にいられる時間は、ちょっと無敵。読み終えてみるとタイトルが良いなって。静かに胸を締めつけてくる、切ない感じが好きです。

2021/11/12

よつば🍀

燃え殻さんの言葉はいつも切ない。行間から漂って来る悲壮感や侘しさ、刹那的な生き方。明るい場面でも、そこには一抹の淋しさを感じる。主人公は、周囲にあわせることや子どもが苦手で、なんとなく独身のまま、テレビ制作会社の仕事に忙殺されながら生きて来てしまった「ボク」。友人の結婚式で出会った風俗嬢の優香、同じマンションで暮らす小学生の明菜、三人で過ごしたひと夏の出来事が描かれる。本当にそう思った時にしか言わない信用出来る「わかる」を使う三人がとても好きだ。一瞬の切り取り方が最高に切なくて、静かで穏やかな余韻が残る。

2021/10/08

Willie the Wildcat

ひと夏の出会いで、他者の人生経験を垣間見、自身を振り返り、人生に向き合う。迎えた”静かな”別れ。明菜が齎す転記の数々の中でも印象的なのが、プールで熱いモノが込み上げた主人公の件。一方、対照的な意味で頭に残るのが「普通」の件。悪気はなくともその解釈は多様。親として口にしたことは無いつもりだが、ふと頭にもたげた経験はある。加えて「先取り」も経験あり。私の場合、失望するのが怖かった。口にするのはもちろんだが、認めたくもない気持ち。そんな気持ちも和らげるかのような食べ物に”温かみ”。炒飯におにぎり。感謝、再認識。

2022/03/24

ひめか*

ただの夏。一夏の出来事に過ぎないが、忘れられない夏。そういうのあると思う。燃え殻さんの文章はセピア色でどことなく切なさや寂しさが漂う。マンションで出会った、大人っぽい10歳の明菜と、結婚式の二次会で出会った、風俗嬢女王の優香。そしてテレビ制作会社で働く主人公との3人は不思議な関係だけど居心地が良かった。明菜が作ったチャーハンを3人で食べたあの日。風俗店のベッドの上で優香とおにぎりを食べたあの日。プールで泳ぐ明菜を迎えに行ったあの日。それらの日々は呆気なく過ぎてしまったが、時を経ても色濃く蘇るだろうと思う。

2022/01/31

感想・レビューをもっと見る