読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

欲が出ました

欲が出ました

欲が出ました

作家
ヨシタケシンスケ
出版社
新潮社
発売日
2020-07-17
ISBN
9784103524526
amazonで購入する Kindle版を購入する

「欲が出ました」のおすすめレビュー

ヨシタケシンスケ作品どれが好き?「ユーモア・哲学・自分・世界」を軸に29作品をマッピング!

 2019年、『つまんない つまんない』でニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞したヨシタケシンスケさん。ふだん、あたりまえに信じこんでいることを「ほんとうに?」「どうして?」と素朴に問いかけ、「こうしたっていいんじゃない?」「こういう人もいるんじゃない?」と想像力を羽ばたかせることで、自分と世界の可能性を広げていく。そのまなざしに心打たれ、はっとさせられることに、国籍や性別、年齢など関係ないのだろう。

『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)

 8月25日に刊行される最新絵本も、思い込みに縛られている私たちを解き放ってくれる一冊。これを記念して、ダ・ヴィンチニュースでは、今こそ読みたいヨシタケシンスケ作品を大特集!

 日常の面映ゆさをユーモアに描き、くすりと笑わせてくれる一方、素朴な疑問から想像力を膨らませ、ときに哲学的な思考にまで発展することもある。どうしてこんな気持ちになるんだろう? こんなことしちゃうの、自分だけかな? という内側に向けられたまなざしを起点に、あの人はどうだろう、もしかしたらこんな世界もあるんじゃないか、と他者と世界に向けて視…

2020/8/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

欲が出ました / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ヨシタケ シンスケは、新作をコンスタントに読んでいる絵本作家です。『思わず考えちゃう』に続く、第二弾エッセイを読みました。今回は前作が売れたので二匹目のどじょう、欲に纏わるゆるいエッセイで楽しめました。人間は欲がなくなったら生きていけません(笑) https://www.shinchosha.co.jp/book/352452/

2020/07/30

旅するランナー

志は高く、落としドコロは低く、気楽に読めるエッセイ。ビミョーなところを突いてくる可笑しみと、ゼツミョーな言葉選びの楽しみを堪能できます。特に、あんまり押しつけがましくなく感謝を促す係と、あなたはいいのよ、そのままでって言ってくれる肯定係はホントに必要だと思います。さて、子供たちに、うまーくゴマかしながら大人の良きイメージを伝える大人にでもなるかなぁ...そんな欲が出ました。

2020/10/19

いつでも母さん

『思わず考えちゃう』の第2弾という位置付けらしい。ヨシタケシンスケさん、頭の柔軟な方なのだろうな。羨ましい。大人だから?大人なのに?ハッとしちゃう自分がいる。「自分自身にあきることはできないよな」そう思って今日も私は私を生きている。そして色んな『欲』と日々闘っているのだ(汗)スケッチだけのページも好きだった。

2020/08/03

ヨシタケシンスケさんのエッセイ第二弾。第二弾と知らなかったので第一弾は未読ですがどちらからでも読めるような内容です。絵本でも毎回哲学的な話が多いので、エッセイも面白かった。こういう発想を持っていて、押し付けがましくなく、楽しく読者に伝えられる才能ってすごいなと思います。共感する内容のテーマもいくつかありました。

2020/07/23

真香

絵本作家のヨシタケシンスケさんのエッセイ。前作の「思わず考えちゃう」の第2弾という位置づけだけど、ヨシタケさんが普段描き止めているスケッチについて解説してまとめたものなので、前作を読んでいなくても楽しめる内容。わざわざ人に言うほどのものじゃないけど感じている些細なこととか、ありそうでなかった考え方とか、着眼点がいちいち面白い。基本ゆるゆるなんだけど、たまに鋭いことを言っていて「それな!」と共感したり、「こんな考え方もあるのねー」と感心したり。遊び心ある可愛いイラストも相まって、気負わずサラッと読めた。

2020/11/23

感想・レビューをもっと見る