読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

迷子のままで

迷子のままで

迷子のままで

作家
天童荒太
出版社
新潮社
発売日
2020-05-20
ISBN
9784103957058
amazonで購入する

迷子のままで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

天童 荒太は、ほとんどの作品を読んでいる作家です。 著者の二大テーマ、「児童虐待」と「東日本大震災」の短編2作でした。内容と表紙が合致しないような気がします。次は、短編ではなく骨太でヘビーな長編を読みたいと思います。 https://www.shinchosha.co.jp/book/395705/

2020/06/07

いつでも母さん

150ページ程の中にタイトル作と『いまから帰ります』の2話。どちらも再生を謳っている。が意味が違う再生だった。重く余韻は半端ない。子どもを育てるという事は綺麗ごとばかりじゃないよね。夫婦が暮らし続けていく事も好いときばかりじゃない。家族を続けていく事は実は奇跡の連続なのだ。理不尽に喪った生は還らない。遺された者は痛みも苦しみも懐かしい優しさも・・みんなみんな抱えていくしかないのだ。それでもやっぱり「会いたい」よね。

2020/06/09

fwhd8325

「迷子のままで」「いまから帰ります」の2編。どちらも深い。このところ、天童さんの作品が変わったのかなと思っていましたが、この2編は、天童さんらしい作品だと思いました。「迷子のままで」は、もっと読みたいという消化不良を感じますが、この余韻が心に残ります。タイトルも意味が深いです。「いまから帰ります」は3.11をテーマにした作品です。両作品とも閉塞感を強く感じます。そして、そこに社会の闇のような汚れを感じます。

2020/09/08

とん大西

著者初読みです。あぁ、天童さんって、こういう作風なのですね。ややヘビーだろうと予想してた表題作「迷子のままで」…。わずか50頁の短編ながら侮れない生々しさが印象的でした。暎里の愚かさ、勇輔の蹉跌。理性、愛情の欠如と言ってしまえばそれまで。言葉でいうのは簡単だが、理性を保ち続けるのも愛情を注ぎ続けるのも、これはこれで難しい。懊悩に追い込まれてしまう人間の未熟さや愚昧さを突きつけられたような読後感。そして突き放されたような余韻。苦いですね、ラストも。でも今後も読みたい作家さんの1人となりました。

2020/08/01

のぶ

天童さんの本だから、こんなトーンの作品になるのではと思いながら読み始めたが、大体予想通りだった。本作には50ページ程度の表題作と、100ページ程度の「いまから帰ります」という2作が収められている。表題作は幼児虐待の話。「永遠の仔」以来テーマとしている内容。もう一作は原発事故の除染現場で働く人たちの話。こちらは「ムーンライト・ダイバー」に通じている話だと感じた。いつもの作品同様にテーマは重くて暗い。明るい気分では読めないけれど、最後は再生に向けた微かな光が見えて、重く暗いだけでは終わらない一冊でした。

2020/06/11

感想・レビューをもっと見る