読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イスタンブール歴史散歩 (とんぼの本)

イスタンブール歴史散歩 (とんぼの本)

イスタンブール歴史散歩 (とんぼの本)

作家
渋沢 幸子
池澤夏樹
出版社
新潮社
発売日
1994-05-01
ISBN
9784106020285
amazonで購入する

イスタンブール歴史散歩 (とんぼの本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けろりん

【トルコ注入月間@現地】澁澤幸子さん、池澤直樹さん、トルコに深く思い入れを持つ両氏による、イスタンブール歴史散策本。6つの地域を歩みつつ、次々と現れる史跡、建造物の構造、歴史を紹介して行く構成。一つの建物、一つの通りに、めくるめく歴史と文化の蓄積がある。すざまじい程の残酷も、絢爛たる美も。「東西の十字路」という通り名のこの都市の魅力を存分に味わえる一冊。

2018/06/08

黒豆

余談だが、そして殆どの人は知らないと思うが、庄野真代の飛んでイスタンブールという曲が好きで地名が印象深く、かつ著者の池澤夏樹さんが気になり図書館で借りて読む、歴史の古さ、建物、装飾、風景それもカラーの写真が素晴らしい

2015/12/12

mimi

今年の夏はトルコに行こう!と思い立ち、その予習に。トルコ旅行のお勧め本を検索していたらたくさんお勧めされていた本。ちょっと古いけれど、大昔からある歴史的建造物は変わらないから。興味深く読みました。そしてガイドブックだけじゃよくわからなかったり、この本を読んで興味をそそられた場所も。イスタンブールは2泊だから、この本のようにゆっくり散歩できないだろうけれど、それでもとっても楽しみになりました。

2018/05/25

アキコ

トルコのイスタンブールを6つのコースに分けて歴史とともに紹介した一冊。観光に行って歩いているとたどり着きそうな場所をコースと書いています(そのため一日で回れるコースという意味ではないです)。写真が多く、見ていて楽しいです。白黒のページの写真でも違和感なく、街の様子がわかる気がします。観光に行く前の予習としても、行った後の復習としても丁度良い一冊です。

2015/06/12

キャベ

旅行ガイドブックと歴史書の中間みたいな本。 写真いっぱいで良いですよ。

感想・レビューをもっと見る