読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

はじめての親鸞 (新潮新書)

はじめての親鸞 (新潮新書)

はじめての親鸞 (新潮新書)

作家
五木寛之
出版社
新潮社
発売日
2016-03-17
ISBN
9784106106583
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

非僧非俗、悪人正機、絶対他力、自然法爾……波瀾万丈の生涯と独特の思想をめぐり、これまで多くの学者や思想家が、親鸞について所説を発表してきた。いったいなぜ、日本人はかくも魅かれるのか――大河小説『親鸞』三部作を書き上げた著者が、長年にわたる探究と想像をもとに、その時代、思想、生き方をひもといていく。平易にして味わい深く、時にユーモアを交えた語りの中に稀代の宗教者の姿が浮かび上がる名講義。

はじめての親鸞 (新潮新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

【学習】五木氏の親鸞講座収録集。以前母校で生で聴いた講座のお声を思い出しながら、含蓄・知識に裏付けられた親鸞概略本。色々勉強になったが、親鸞につき、人間が持っている悪について最も真摯に深く問いかけた日本人の宗教者という観点が中程に書かれていて、その頭を軸に考えながら読んだ。改めて思うのだが、やはり、五木氏の小説 親鸞シリーズを読まねば。ウチも浄土真宗だし。

2016/09/25

こういち

分かりそうで分からないのが仏の教え。思索の森に身を置くワクワク感と裏腹に、一つひとつの木々は崇高かつ遠大。浄土真宗において、目に見える阿弥陀如来像はフィギュアであり、南無阿弥陀仏はタイトルネームか。著者の語る親鸞像は、まさしく慈悲に満ち溢れ、人間の根幹を問うきっかけを用意する。我々は「煩悩を抱えた人間だからこそ、本願の正機である」ことを純粋に受け入れ、有意なる人生の道筋を照らす光を求め続けていく。

2016/05/04

nbhd

得られるものがほとんど無い薄っぺらな本。五木先生による「人間・親鸞をめぐる雑話」という講義がベース。半世紀近く親鸞と向かいあってきたという五木さんが「親鸞は悩みの天才」とか「読めば読むほどわからなくなる」とか言ってたりするのだが、親鸞歴1ヶ月に満たない僕でも、まぁそうだよねぇ、と思う。あとは、ほとんど「親鸞おもしろ豆知識」の世界だ。▼念仏系の人はみんな長生き。法然80歳、親鸞90歳、蓮如85歳。▼埋もれていた歎異抄を清沢満之が再発見、弟子の暁烏敏が全国に広めた。あけがらすはや、と読む。名前がカッコイイ。

2016/05/01

Kent Kaseda

親鸞に関する五木寛之氏の講義を書籍化したもの。とにかく読みやすく、2時間足らずで読める。親鸞や法然、その背後の仏教の世界へと足を踏み入れる入り口として良いだろう。親鸞に関する書籍は多いが、親鸞自身に関する生の資料は少ないことが意外だった。また、仏教と詩歌との関連に関する議論が多い。一般人へ仏教を布教する工夫として詩歌や心地の良いリズムが採用されていた、というのが面白い。筆者が書かれた親鸞の小説の方も読んでみたい。ある意味、小説『親鸞』の宣伝用に書かれた本なのかもしれない。

2017/09/03

Yasushi I

法然に師事し念仏を唱えるだけで極楽往生できると説いた親鸞。生涯寺も構えず、弟子達へ想いを語り続けた姿は、偉大なる教祖ではなく共に悩み苦しむ同胞のようにも思える。仏陀も修行の旅のなか静かに行き倒れた。その姿に重ねる五木さんの親鸞像が分かりやすかった。

2018/07/24

感想・レビューをもっと見る