読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

架空の王国

架空の王国

架空の王国

作家
高野史緒
出版社
中央公論社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784120027253
amazonで購入する

架空の王国 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

skellig@topsy-turvy

面白かった。中世ヨーロッパの影と重みを引きずる架空の国、ボーヴァルを舞台にしたミステリ風味の小説。ある古文書を軸に話が展開するので、サスペンスに近いかもしれない(ダヴィンチコード的な)。結末では現代的(?)な事実が明らかになりますが、個人的には本書全体に滲むヨーロッパ史の空気を楽しめたのが最も良かった。主人公の女の子と皇太子のやり取りがどっかとぼけていて微笑ましい。著者が歴史畑の人間であるというのがじんわり伝わってくる(良い意味で)。

2012/11/28

夏子

ヨーロッパの小国「ボーヴァル王国」を舞台にした歴史と陰謀渦巻くミステリー。題名の意味も中々深い。

2016/09/13

ホレイシア

これならいける人もいるんじゃないか…と思います。

2008/01/29

めぐみこ

架空の王国〈美しの谷〉ボーヴァルを巡る陰謀劇? 序盤は人名や歴史が覚えきれずに混乱したが、そこを乗り越えてこそルメイエールの「僕が継ごうとしていたのは、架空の王国だったんだ」がずしりと重みが出る。

2015/08/07

いえろう

不思議な雰囲気の物語。よく分からない、内容をうまく理解できていないのに、引き込まれてしまった。こんな物語は初めて。 この本は大切にしようと思った。

2015/11/16

感想・レビューをもっと見る