読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サニー・シックスティーン・ルール (単行本)

サニー・シックスティーン・ルール (単行本)

サニー・シックスティーン・ルール (単行本)

作家
関口尚
出版社
中央公論新社
発売日
2018-01-19
ISBN
9784120050381
amazonで購入する

サニー・シックスティーン・ルール (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

芸術を極めようとする人はその才能に憧れ嫉妬し絶望する、文学者の家に生まれ文章の英才教育を受けて育ったが落ちこぼれ親に見放された礼央はある日出会った写真家美駒を中心とするチーム300に入り、文字を持たない表現、文学とは対局にある写真というものに初めて触れ魅せられ行く、したたかで身勝手な人たちに憤りを感じ、未来に希望を持ちつつ孤独や寂しさ切なさが漂う作品でした、彼らのその後が幸せでありますように。

2018/02/14

takaC

エピローグだけ美駒ちゃんの語りになったため、礼央くんが美駒ちゃんのことをすっぱり吹っ切れたのかどうかわからない終わり方で、長々と読んだ末としては消化不良気味。

2018/04/15

kei302

400ページ一気読み。感動した。読み始めはね ちょっと舐めてた。文学をあきらめて写真を撮ることで自信を取り戻した青年の成長+恋愛かなと。ぐいぐい引き込まれる。カメラマンとして成長していくエピソードが秀逸。似ている二人だから互いに引き寄せられ、似すぎているから分かり合う努力を怠り、結末は...爽やか。いい作品だ。サニー・シックスティーン・ルールは最後に登場。礼央、3年なんて決めずに、早く現像しろ!

2019/11/05

MA

始めは物語に入り込めてない感じがあったけど、次第にそんなことはなくなっていき…終盤がとても良かった。私はデジタル一眼しか使わないのだけれど、フィルムカメラの奥深さに驚き。(もちろんデジタルだって奥深いのでしょうが)写真に人生を捧げる青春小説。物凄い情熱が眩しい。チーム300のメンバーのその後が見てみたいなあ。

2018/07/21

hiromura

初読み作家さん。写真を撮る人々の話。はじめの方は、面白さがわからなかったが、途中からどんどん良くなり、とても楽しめた。写真撮りたくなる。結末はちょっぴり寂しい。

2018/03/24

感想・レビューをもっと見る