読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

たそがれてゆく子さん (単行本)

たそがれてゆく子さん (単行本)

たそがれてゆく子さん (単行本)

作家
伊藤比呂美
出版社
中央公論新社
発売日
2018-08-17
ISBN
9784120051111
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

夫はどうした? ズンバはどうした?
ご無沙汰していた間、ずんずん老いていました。

肩、膝、腰は凍りつき、なくす探すをくり返す。
もんもんと考え、るると書く。
犬どもを従え荒れ地を歩く。料理なんかする気もなかった。
男が一人、老いて死んでいくのを看取るのは、ほんとうによかった。

女の人生後半戦。初めて得たひとりの自由と寂しさ。
「みんなホルモンのせいでしたと、今は言い切りたい」――
熱い支持を得た『閉経記』から五年。
書くことで生き抜いてきた詩人の眼前に、今、広がる光景は。