読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

近松秋江伝-情痴と報国の人 (単行本)

近松秋江伝-情痴と報国の人 (単行本)

近松秋江伝-情痴と報国の人 (単行本)

作家
小谷野敦
出版社
中央公論新社
発売日
2018-12-07
ISBN
9784120051494
amazonで購入する

近松秋江伝-情痴と報国の人 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tomomi

佐藤正午のエッセイで知った「黒髪」シリーズ。好きな女をただひたすら追い回す妄執小説で途中からさすがに笑えなくなって読むのをやめてしまったが、本書によると作者本人も後半生では黒髪シリーズを恥じていたらしい。晩年書く物どれも売れず金に困ったたようだが、トルストイを読んでも情痴の場面にしか興味がなかったりナチス礼賛したり、なかなか人としての薄さが際立っている。それにしても本書は年譜やエピソードを並べただけで大局的に人生が追いにくい上にかなり手抜きな印象。人の説明をするのに「○○の孫か何か」って適当すぎないか。

2019/02/19

感想・レビューをもっと見る