読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

君と、君がいる彼方 (単行本)

君と、君がいる彼方 (単行本)

君と、君がいる彼方 (単行本)

作家
末浦広海
出版社
中央公論新社
発売日
2021-02-20
ISBN
9784120053962
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

君と、君がいる彼方 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

上手く行き過ぎだろう…と思うものの、ふんわりと温かい気持ちに胸がいっぱいになった。【味の継承】がキーとなって過去も未来も一つに繋がるのが好い。随分と食の件がふんだんに出て来るなぁと思ったら、そうか始めから料理好きだった息子・康文だったものね。なかなか巧い!そして肌の記憶…家族の記憶。家族ならではの想いがそこにあった。SF的な感じは苦手だが、本作は家族の再生の物語でもあった。読後はタイトルが沁みるほど好きだ。

2021/04/18

シャコタンブルー

夫婦と中学生の娘と小学生の息子の4人家族。父親はデザイン事務所を経営し、仕事も順調、収入も良い。一見して幸せ家族だが、ある出来事によりそれが幻想であり蜃気楼のように消え去ってしまうことに・・。家族といえども、皆一人の独立した人間、それぞれ悩みや隠し事はあるだろう。それが露呈し、家族間の軋轢にも及ぶ。一体この先この家族はどうなるのだろうと思えたが、そこから先の展開が意外な方向に。ある人物に対する家族の行動が、それはないだろうと思えたのも事実。ラストはある程度、予想通りだったが、それでも感動したのもまた事実。

2021/03/18

てつろう

設計事務所で働く父親と一男一女の4人家族。父親の浮気などで家族にき裂が入りかけた時、息子が交通事故に合い重体になる。丁度その時に昔行方不明になった祖父が出てくる。大体予想出来る展開だが、最後はハッピーエンドなので読書感は良い。

2021/03/30

saraka

☆4 マサと一緒に泣いてしまったわ。初読みの作家さんなので、他の作品も読んでみたい。

2021/04/01

kiwiblogn

意外にもSFな展開。ラストは王道ではあったが静かな感動を呼び起こす作品だった。ラストまで読んでこその題名が生きる。

2021/03/31

感想・レビューをもっと見る